[2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」]

【第23回】IoTで活性化するロボットと人工知能(AI)

2015年9月7日(月)入江 宏志

2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」を取り上げる本連載。IT戦略における日本と世界の差異を見極めるための観点としてこれまで、クラウド、GRC(Governance、Risk Management、Compliance)、ビッグデータの各テーマについて論じてきた。前回から、「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」をテーマに切り替え、IoTを取り巻くテクノロジーの背景について説明した。今回は、IoTによるシステム化により関連性が深くなるロボットや人工知能について見てみる。

 デマンドドリブン型、イベントドリブン型に続く第3のシステムが、人の感情を起点に動く「エモーションドリブン型」であると、第21回で指摘した(『IoTが導く第3のドリブンは“エモーション(感情)”)。

図1:左脳と右脳の役割図1:左脳と右脳の役割
拡大画像表示

 これまでのITは、PDCA(Plan、Do、Check、Act)に基づくデマンドドリブン型で左脳的なシステムを作ってきた。明確な要求(デマンド)を文字や言葉という入力として受け取り、論理的に分析し合理的に処理する(図1)。

 イベントドリブン型になると、あいまいなイベントをIoTデバイスから読み取り、OODA(Observe、Orient、Decide、Act)に基づき、感性的・直観的な右脳的な処理を繰り返すことで創造的に答えを得ていく。このあいまいな入力が人の感情に変わればエモーションドリブン型になる。

センサーが感情をデジタルデータに変える

 そこでの課題は、感情をどうとらえるかである。そのための手段の最有力候補が、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)だ。IoTデバイスをウェアアラブルにし身体に身に付ければ、脈拍や心拍数の変化から感情を察知できるからだ。米Googleが開発するコンタクトレンズは血糖値を、米Proteus Digital Healthが開発中のデジタル錠剤は心臓を含む体内のデータをも収集できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ダイソンの掃除ロボもイベントドリブン型に
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」一覧へ
関連記事

【第23回】IoTで活性化するロボットと人工知能(AI)2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」を取り上げる本連載。IT戦略における日本と世界の差異を見極めるための観点としてこれまで、クラウド、GRC(Governance、Risk Management、Compliance)、ビッグデータの各テーマについて論じてきた。前回から、「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」をテーマに切り替え、IoTを取り巻くテクノロジーの背景について説明した。今回は、IoTによるシステム化により関連性が深くなるロボットや人工知能について見てみる。

PAGE TOP