CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ハイブリッドクラウド時代必修ITインフラの基礎知識]

【第10回】DR/BCにはマルチデータセンターが不可欠

2015年11月10日(火)本橋 信也(クラウディアン取締役COO)

ハイブリッドクラウド時代の次世代ITインフラでも、DR(Disaster Recovery:災害復旧)/BC(Business Continuity:事業継続)対策のために複数のデータセンターが必要になります。パブリックなクラウドサービスを活用しながらも、外部には預けられない重要なデータはオンプレミスに保存することになるからです。さらに、単なるバックアップ用のデータセンターを追加するのではなく、複数のデータセンターを一体運用できる「マルチデータセンター対応」が求められます。

マルチデータセンター(Multi Datacenter)の定義:

複数のデータセンターのITインフラリソースをネットワーク経由で共有するクラスターを構成し一体運用すること、およびその仕組み


ハイブリッドクラウド時代にも複数のデータセンターが必要

 前回、次世代ITインフラにおけるデータ保護について説明しました。ただし、そこで取り上げたのは、サーバー内蔵のハードディスクやサーバー自体に障害が起こってもデータを消失することなく保護する仕組みでした。いずれも、1つのデータセンター内で起こり得るリスクです。

 これに対し、「マルチデータセンター」は、複数のデータセンターがITインフラのリソースを共有することで、仮に1部のデータセンターに障害が発生してもデータを保護し、かつサービスを継続するための仕組みです。

 クラウドサービスは、「いつでも使える」という可用性の高さがメリットの1つです。それが提供できるのは、マルチデータセンター対応をしているからです。なので、クラウドサービスを DR(Disaster Recovery:災害復旧)/BC(Business Continuity:事業継続)対策として活用することは有効な方法です。ちなみに、DRは災害が起きた際にITシステムを復旧できることであり、BCはDRを含め事業を継続するためのプロセスや手順のことです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「バックアップが常時同じ」は非現実的
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ハイブリッドクラウド時代必修ITインフラの基礎知識一覧へ
関連記事

Special

-PR-

【第10回】DR/BCにはマルチデータセンターが不可欠ハイブリッドクラウド時代の次世代ITインフラでも、DR(Disaster Recovery:災害復旧)/BC(Business Continuity:事業継続)対策のために複数のデータセンターが必要になります。パブリックなクラウドサービスを活用しながらも、外部には預けられない重要なデータはオンプレミスに保存することになるからです。さらに、単なるバックアップ用のデータセンターを追加するのではなく、複数のデータセンターを一体運用できる「マルチデータセンター対応」が求められます。

PAGE TOP