[エンタープライズ・システムのためのWeb 2.0]

ウェブ2.0は企業に向かう

2007年6月22日(金)

2004年にDale Dougherty氏がウェブ2.0(Web 2.0)と名づけ、それをTim O'Reilly氏が提唱し普及させた概念は、O'REILLYのウェブサイト上、「What is Web 2.0」で詳しい解説が行われている日本語版)。概念が曖昧であるとか、ただのマーケティング用の売り文句であるとか、非難めいた意見も出ていたが、ウェブ2.0という概念は確実に定着している。あれからすでに3年を経ているが、昨年出版された『Web 2.0 Principles and Best Practices』(2006年秋にO' Reilly Media発行)の巻頭言によれば、次のようにまとめられている。

”Web 2.0 is a set of economic, social, and technology trends that collectively form the basis for the next generation of the Internet --- a more mature, distinctive medium characterized by user participation, openness, and network effects.”

直訳すれば、

「ウェブ2.0は、インターネットの次世代の基礎を包括的に形成する、経済傾向、社会傾向および技術傾向 --- さらに成熟し(た状態では)、 ユーザー参加、オープンおよびネットワーク効果によって特徴づけられた特有の媒体である」。といったところだろうか。いろいろと議論が巻き起こったせいか、結局はかなり広い範囲をカバーする定義となっている。ウェブ2.0という用語が意外なほど社会に与えるインパクトが大きかったせいもあり、さまざまな思惑を配慮した結果と見えなくもない。

2.0はbuzzword?

さて、この「2.0」という修飾語だが、短期間にさまざまな分野に波及していった。ITに関連したインターネット2.0やオフィス2.0は言うに及ばず、2007年になってからの日本では「Docomo 2.0」とか、「夏2.0」まで登場するようになった。こうなってしまうと、「2.0」という修飾語は、一時的な流行(はやり)言葉にしか受け取られかねない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
エンタープライズ・システムのためのWeb 2.0一覧へ
関連記事

ウェブ2.0は企業に向かう2004年にDale Dougherty氏がウェブ2.0(Web 2.0)と名づけ、それをTim O'Reilly氏が提唱し普及させた概念は、O'REILLYのウェブサイト上、「What is Web 2.0」で詳しい解説が行われている日本語版)。概念が曖昧であるとか、ただのマーケティング用の売り文句であるとか、非難めいた意見も出ていたが、ウェブ2.0という概念は確実に定着している。あれからすでに3年を経ているが、昨年出版された『Web 2.0 Principles and Best Practices』(2006年秋にO' Reilly Media発行)の巻頭言によれば、次のようにまとめられている。

PAGE TOP