[CIO INSIGHT]

景気後退で変わるユーザーとベンダーの意識—2008年度ベンダー評価調査結果

2009年2月18日(水)

Vendor Value 2008: IT Providers, Running In Place By Guy Currier 翻訳 : 古村 浩三 CIO INSIGHTから2本の記事を取り上げる。1本目はCIO INSIGHTが行う、毎年恒例のベンダー評価調査の結果。世界的な景気後退は、ユーザーのコスト意識を増大させ、ベンダーの評価にも大きな変化を与える結果となった。2本目はWeb2.0をうたうコミュニケーションツールの企業利用に関するインタビューだ。いくつかの事例から、企業におけるWeb2.0ツール活用の可能性を探る。(本誌)

前年度調査から22のベンダーの評価が上昇、15のベンダーが下落するなど激しく順位が変動。高いROI(投資利益率)の実現や顧客ニーズへの柔軟性・迅速性が高評価の源泉に−。CIO INSIGHTがユーザー企業のITエグゼクティブを対象に実施した、2008年度ベンダー評価調査の結果である。

ROI向上と顧客重視の姿勢が高評価のカギ

今回の調査で前回調査よりも評価が上昇したベンダーに共通するのは、顧客のROIの向上に力を入れている点だ。厳しい経済環境の中、ユーザー企業が投資対効果をますます重要視するようになっていることの現れといえる。前回調査よりも大きく評価を伸ばしたコグノスとスプリント・ネクステル、ノーテルの3社は、ROIの改善や、コスト削減効果が評価された。また今回の調査で上位となったベンダーは、いずれも顧客対応にもっとも力を入れているという点で共通している。今年の調査で初登場にも関わらず最高の評価を獲得したRSAセキュリティは、ROIの評価では総合2位だったものの、予算と納期の厳守、顧客のニーズに対する柔軟性が高評価につながった。

ベンダーに対するロイヤルティの評価は総じて高い。今回調査対象としたすべてのベンダーについて、顧客の半数以上が今後もそのベンダーを選ぶと回答している。だがロイヤルティの評価は、パフォーマンスの評価とは必ずしも一致しない。セールスフォース・ドットコムやアドビシステムズといった企業では、総合順位に比べてロイヤルティの評価が高い。魅力的な機能を次々に投入していることが、ユーザーの高い支持を集めることにつながっている。SAPは順位としては奮わなかったものの、今回の調査でも根強い人気を維持している。

中小企業から支持を集めるベンダーも存在する。IBMの製品は、大企業に比べて中小規模の企業からの評価が非常に高い。同社の製品を選択する中小企業は、初期投資に比較的多額の資金が必要になるものの、長い目で見ればコスト削減効果が十分見込めると判断している。ただし高額なサービスを受ける企業は、大企業に比較すると少ない。HPも中小企業から圧倒的な支持を受けている。一般的には大企業のみが享受できるとされる水準のサービスでも、中小企業に提供できるのが強みだ。リセラーやサービスプロバイダーと良い関係を築けているという事実が、その背景にある。最近、中小企業にとって重要性が増しつつある、モバイル分野に焦点を絞った展開を行うリサーチ・イン・モーションも注目株だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

景気後退で変わるユーザーとベンダーの意識—2008年度ベンダー評価調査結果Vendor Value 2008: IT Providers, Running In Place By Guy Currier 翻訳 : 古村 浩三 CIO INSIGHTから2本の記事を取り上げる。1本目はCIO INSIGHTが行う、毎年恒例のベンダー評価調査の結果。世界的な景気後退は、ユーザーのコスト意識を増大させ、ベンダーの評価にも大きな変化を与える結果となった。2本目はWeb2.0をうたうコミュニケーションツールの企業利用に関するインタビューだ。いくつかの事例から、企業におけるWeb2.0ツール活用の可能性を探る。(本誌)

PAGE TOP