[CIO INSIGHT]

先進技術に対する関心と現実 急浮上するデスクトップ仮想化

2010年3月3日(水)

Cloud Computing, Mobility Gain Focus for 2010 By Guy Currier 翻訳 : 古村 浩三 仮想化にモバイル、クラウドコンピューティング─。ITの世界では新技術が次々と生まれている。米国企業のCIOは、これらの新技術をどう捉え、どの程度活用しているのだろうか。今回は、CIO INSIGHTが実施した最先端技術の企業ITへの活用に関する調査結果を取り上げた。最先端技術にすぐさま飛びつき先行者利益を得るか、リスクやメリットが明確になるまで様子見を決め込むか。調査結果からは、自社のスタイルや目下の景気後退をふまえ、新技術に真摯に向き合う米企業の姿が浮かび上がってくる。 (本誌)

最新の技術トレンドと呼ばれるもののうち、どれが大きなヒットとなるかを理論的に予測するのはそれほど難しくない。言い換えれば、そのための調査は何らの意味を持たないということだ。だが、最先端技術がいつ現実の企業情報システムに浸透するかをピンポイントで予測するのは難しい。今回の調査でCIO INSIGHTが明らかにしようとしたのは、まさにその点である。

いくら成長を期待された技術とはいえ、ユーザー企業に広く普及するまでには長い時間がかかる。ベンダーやアナリスト、マスコミが「今年はこんな新技術が大きなトレンドになる」と書きたてても、彼らが実際に取り上げている技術は毎年似通った顔ぶれだ。本来示すべきは、その技術は現在どの程度実用化されているのかという事実だろう。

CIO INSIGHTは、この傾向にストップをかけるためにある施策をとった。現場で実際に使われている技術かどうかにフォーカスを当て、活用の現状を客観的に検証することにしたのだ。実用化が近い最先端技術である「エマージングテクノロジー」は、どのような過程を経て、どのような形で採用されているのか。それを示すことで、ユーザー企業が最先端技術を利用してビジネスを変革する際の指針としたいというのが我々の意図である。

クラウドの注目度は高いも実活用はまだ先

今回の調査結果の概要を表1に示した。調査で取り上げたエマージングテクノロジーは、多くの企業で実際のテストやパイロットプロジェクトの段階まで進んでいる。CIO INSIGHTは、これらの技術が向こう1年以内に本格的に普及すると予測しており、今もっとも注視すべき技術だと考えている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

先進技術に対する関心と現実 急浮上するデスクトップ仮想化Cloud Computing, Mobility Gain Focus for 2010 By Guy Currier 翻訳 : 古村 浩三 仮想化にモバイル、クラウドコンピューティング─。ITの世界では新技術が次々と生まれている。米国企業のCIOは、これらの新技術をどう捉え、どの程度活用しているのだろうか。今回は、CIO INSIGHTが実施した最先端技術の企業ITへの活用に関する調査結果を取り上げた。最先端技術にすぐさま飛びつき先行者利益を得るか、リスクやメリットが明確になるまで様子見を決め込むか。調査結果からは、自社のスタイルや目下の景気後退をふまえ、新技術に真摯に向き合う米企業の姿が浮かび上がってくる。 (本誌)

PAGE TOP