[CIO INSIGHT]

2009年度ベンダー評価調査結果—ユーザー優位の力関係が鮮明に インテルが初登場で1位に

2010年1月8日(金)

Vendor Value 2009: IT Vendors Deliver More By Guy Currier翻訳 : 古村 浩三 CIO INSIGHTが毎年実施するベンダー評価調査。2009年度の調査では8社の新顔がランクインし、それぞれが高評価を得た。全体的な評価ポイントが高まる中、特段の特徴を打ち出せなかったベンダーは相対的に順位を下げた。背景には、景気後退でユーザー企業がベンダーの取捨選択を推し進めたことと、ベンダーとユーザー企業の力関係が大きく変化し、ユーザーの発言権が高まってきたという事情がある。 (本誌)

厳しい時代は、それに適応できる者に大きなチャンスを与える。このことはCIO INSIGHTが実施した2009年度のベンダー評価調査の結果からも明白になった。

不景気がもたらす影響は、ベンダーにとって想像以上に大きいようだ。IT投資が低迷したこの1年間、それでもベンダーは付加価値がより高い提案に努め、顧客満足度の向上に繋げてきた。一方、単に今までの顧客満足度を維持するだけにとどまり、改善まで至らなかったベンダーは軒並みランキングを落とす結果となった。

調査結果(総合)

画像をクリックでPDFをダウンロードできます
調査結果(総合)

2009年度調査におけるベンダー全体の獲得ポイントの平均は、2008年の67%から4ポイント上昇し、71%となった。08、09年の双方にランクインしているベンダーのうち、評価を落としたのは8社で、22社が評価を上げた。

高い評価を得るベンダーが続出した背景の1つには、深刻な経済情勢下、経費削減やIT戦略見直しの一環として、これまで取り引きのあったベンダーとの契約を解消するユーザーが増加したことがある。ユーザーの厳しい選択眼にかなうベンダーに絞り込まれた結果、必然的に評価が高くなったと受け取れる。取り引きのあるベンダー数の平均は、2008年の12社に比べて2009年では11社とわずかながら減少した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

2009年度ベンダー評価調査結果—ユーザー優位の力関係が鮮明に インテルが初登場で1位にVendor Value 2009: IT Vendors Deliver More By Guy Currier翻訳 : 古村 浩三 CIO INSIGHTが毎年実施するベンダー評価調査。2009年度の調査では8社の新顔がランクインし、それぞれが高評価を得た。全体的な評価ポイントが高まる中、特段の特徴を打ち出せなかったベンダーは相対的に順位を下げた。背景には、景気後退でユーザー企業がベンダーの取捨選択を推し進めたことと、ベンダーとユーザー企業の力関係が大きく変化し、ユーザーの発言権が高まってきたという事情がある。 (本誌)

PAGE TOP