アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[ザ・レビュー]

個別開発とパッケージの“良いとこ取り”を目指した カスタマイズ容易な製造業向け業務ソフト

2010年2月5日(金)

MCFrame(東洋ビジネスエンジニアリング) 生産管理を自社の強みとする製造業は多い。その独自性をシステムに反映するには手組みか、パッケージ製品であっても大幅なカスタマイズが必須だ。そこでパッケージの良さを残しつつ、カスタマイズ性に富んだ製品として登場したのが「MCFrame」だ。

コスト抑制やベストプラクティス導入などの観点から、業務パッケージの活用が広がりつつある。すでに会計や人事などの分野では導入が進んでいるが、製造業においては、その核である生産管理でパッケージを“素のまま”利用するケースは必ずしも多くない。

短納期の順守や品質の維持など「メイドインジャパン」の卓越したノウハウやきめ細かさは、企業それぞれの独自色が強く汎用化しにくい側面がある。そこで東洋ビジネスエンジニアリングは、パッケージの良さを残しつつ、カスタマイズを前提としたパッケージを開発した。それが生産管理を中心とした業務パッケージ「MCFrame」だ。

同社は、主に製造業の生産管理部門向けのシステム構築を主力事業としてきた。1993年4月には、世界展開を進めるユーザーからの要望を受け、独SAPの「SAP/R3」の販売を開始した。SAP日本法人の設立前のことだ。

表 MCFrameの主要製品一覧
表 MCFrameの主要製品一覧

当時からパッケージへの関心は高まりつつあったが、「生産管理そのものを強みとする企業も多く、個別開発のニーズが根強かった」(プロダクト事業本部技術部部長の荒川 尚也氏)。そこで同社は個別開発でもパッケージでもない別のアプローチが必要と判断。個別開発案件を見渡す中で、似通った機能を徹底的に共通化する「屋台骨」という開発方法論を確立した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・レビュー一覧へ
関連記事

個別開発とパッケージの“良いとこ取り”を目指した カスタマイズ容易な製造業向け業務ソフトMCFrame(東洋ビジネスエンジニアリング) 生産管理を自社の強みとする製造業は多い。その独自性をシステムに反映するには手組みか、パッケージ製品であっても大幅なカスタマイズが必須だ。そこでパッケージの良さを残しつつ、カスタマイズ性に富んだ製品として登場したのが「MCFrame」だ。

PAGE TOP