[Gartner’s Eye]

業務システムをSaaS化するにはクラウド基盤の弾力性にも配慮を

2010年12月16日(木)

業務システムをSaaSに移行する際、コスト削減や短期導入の視点だけでなく、クラウド基盤に柔軟にリソースを増減できる弾力性があるかどうかを考慮したい。業務内容を吟味し、SaaSに向く業務とそれに見合う最適なクラウド基盤の見極めが重要となる。

クラウドに対するユーザー企業の関心が高まる中、社内にある業務システムをクラウドに移行する動きが出てきた。初期導入費や運用費を削減できるコストメリットはもとより、リソースを柔軟に増やしたり、不要なら容易に利用を停止したりする“弾力性”を享受できるからである。ただし、業務アプリケーションをSaaSに切り替える場合、すべてのSaaSが同じ弾力性を持つクラウド基盤上で稼働しているわけではない点に注意したい。業務内容やアプリケーションの複雑性などにより、運用に最適なクラウド基盤は異なる。ユーザー企業はSaaSの利用に際し、クラウド基盤にどこまで弾力性が必要かを考慮しなければならない。

弾力性は一般的に、インフラやデータベースなどを共有すればするほど高くなる。複数の利用者に対してインフラやデータベース、アプリケーションを共有するマルチテナント方式は比較的弾力性が高い。一方、利用者ごとにデータベースやアプリケーションを用意する場合は弾力性が低くなりがちだ。

ガートナーは弾力性とコストを軸に、現時点の技術とサービスの状況を踏まえてアプリケーションを3つに大別し、それぞれに見合うクラウド基盤を図1のように整理している。

図1 「適材適所」の発想でアプリケーションを分類する
図1 「適材適所」の発想でアプリケーションを分類する 出典:ガートナー

弾力性とコストを勘案し最適なクラウド基盤を選定

「コモディティ化したアプリケーション」は、基本的にカスタマイズはせず標準化された機能をSaaSとして利用する。複数ユーザーに対して共通機能を提供することから、ベンダーは運用費を削減でき、ユーザー企業は価格競争力のあるサービスを利用可能となる。インフラからアプリケーションまでを共有するため弾力性が高く保つことができ、規模の経済性も効く。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Gartner’s Eye一覧へ
関連記事

業務システムをSaaS化するにはクラウド基盤の弾力性にも配慮を業務システムをSaaSに移行する際、コスト削減や短期導入の視点だけでなく、クラウド基盤に柔軟にリソースを増減できる弾力性があるかどうかを考慮したい。業務内容を吟味し、SaaSに向く業務とそれに見合う最適なクラウド基盤の見極めが重要となる。

PAGE TOP