[青木顕子のスウェーデンIT通信]

注目のモバイル決済サービスを提供する「iZettle」(Vol12)

2011年9月5日(月)

8月も終わりに近づき、スウェーデンでは秋の風が吹き始めた。そんな昨今、こちらのITマーケットで話題を呼んでいる新進気鋭の企業があるのでご紹介しよう。

■妻がつぶやいた一言がビジネスアイデアに結実

iZettleはスウェーデンの起業家、ヤコブ・ドゥ・ゲール氏(35歳)とマグヌス・ニルソン氏(55歳)が2010年に設立したベンチャー企業だ。このほど、世界初の「個人・中小企業向けICカード決済モバイルアプリ」を発表し、話題を集めている。

アップルのApp Storeから「iZettleアプリ」をダウンロードしてアカントを登録すれば、手持ちのiPhone、iPad、iPod touchで決済サービスを初期費用なしで利用できる。専用のカードリーダーも無料で配布される。

利用の流れはざっと以下の通りだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
青木顕子のスウェーデンIT通信一覧へ
関連記事

注目のモバイル決済サービスを提供する「iZettle」(Vol12)8月も終わりに近づき、スウェーデンでは秋の風が吹き始めた。そんな昨今、こちらのITマーケットで話題を呼んでいる新進気鋭の企業があるのでご紹介しよう。

PAGE TOP