[シリコンバレー最前線]

半世紀かけて根付いた起業文化 活発な“新陳代謝”が繁栄のエンジン

2012年5月16日(水)

シリコンバレーに本拠を置く企業数は、毎年4400社ずつ増加している。大手企業に勤める安定感より、身につけた技術を元手に自らビジネスを興すチャレンジに価値を見出すエンジニアが多いからだ。失敗を恐れず挑戦できる環境も整っている。

シリコンバレーは、とにかく新陳代謝が激しい土地だ。毎年、ハイテク企業や一般のビジネスを合わせて平均1万7200社のスタートアップが生まれている。その一方で、倒産や吸収・合併などを理由に閉鎖する企業の年間平均件数は1万2800社に上る(Silicon Valley Index 2012年版)。差し引きすると、当地の企業数は毎年平均して4400社ずつ増えていることになる。その背景には企業の“細胞分裂”、すなわちスピンアウトが盛んであることが挙げられる。

ここで言うスピンアウトとは、勤務先で磨いた技術を元手に、新しく会社を設立すること。シリコンバレーの歴史は、スピンアウトの歴史だ。今回はその系譜を振り返り、とめどなく湧き出る起業意欲の源泉を探ろう。

ノーベル賞学者が原点

最初の登場人物は、ウィリアム・ショックレー氏だ。同氏は1936年、マサチューセッツ工科大学の博士号を修得してベル研究所に入社した。1947年、同僚のジョン・バーディーン氏、ウォルター・ブラッテン氏と共同でトランジスタを発明。1956年、3人はノーベル物理学賞を受賞した。

受賞後ショックレー氏は生まれ故郷であるカリフォルニア州パロアルトに帰郷し、半導体メーカーであるShockley Semiconductor Laboratory社を設立した。同社には、若い技術者たちが殺到した。ここで、最初の細胞分裂が起きた。ロバート・ノイス氏やゴードン・ムーア氏など8人の技術者が、入社してから1年で身につけた半導体技術を携えて同社をスピンアウトした。彼らが1957年にFairchild Semiconductor社を共同設立すると、世間は彼らのことを「8人の裏切り者(Traitorous Eight)」と呼んだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

半世紀かけて根付いた起業文化 活発な“新陳代謝”が繁栄のエンジン シリコンバレーに本拠を置く企業数は、毎年4400社ずつ増加している。大手企業に勤める安定感より、身につけた技術を元手に自らビジネスを興すチャレンジに価値を見出すエンジニアが多いからだ。失敗を恐れず挑戦できる環境も整っている。

PAGE TOP