CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

資本主義はなぜ自壊したのか カブドットコム証券 阿部吉伸氏が選ぶ1冊

2012年6月27日(水)

日頃、IT戦略を描くときに「先入観にとらわれたくない」という強い思いがあります。名が通っていないベンダーの製品や、導入実績に乏しい製品であっても、機能が優れていれば是非使いたい。もちろんリスクは伴うけれど、他社の真似なんかしていたら、競争優位に立てるシステムなんて実現しませんからね。目的に合致する合理的な方法は何かを見極める、ピュアな目を持つことが大切なんじゃないでしょうか。

資本主義はなぜ自壊したのか資本主義はなぜ自壊したのか
「日本」再生への提言 [文庫]

中谷 巌 著
ISBN: 978-4087466539
集英社
860円

そんな思いもあってか、書店に足を運んでも「平積みになって人気がありそうだから」という理由で本を買うことはありません。本の並べ方って、版元や取次がどの程度プロモーションに力を入れているかによっても随分と変わりますから。自分の感覚を信じて、これは読みたいという本を吟味するようにしています。

「資本主義はなぜ自壊したのか」は、参加を予定していたあるイベントで中谷巌さんが講演することを知り、予習を兼ねて読みました。所得格差の拡大や絆の崩壊など、米国型のグローバル資本主義の弊害を指摘する一方で、何が人々の幸せにつながるかといった視点が盛り込まれています。かつて市場原理主義の急先鋒だったはずの氏が書いているだけに重みもあります。

証券会社の生業は、金融商品を売買する場を運営すること。最近では、膨大な情報の提供やマイクロ秒単位の取り引きなんかが求められていて、ともすると“煽る”ビジネスにも映ってしまいます。自分の仕事の付加価値って何なんだろうという思いが常に頭のどこかに引っかかっていただけに、この本には引き込まれました。社会にどう貢献していくべきかを改めて考えるよいきっかけになった一冊です。

「こんな人と組織が生き残る」も、大久保寛司さんの講演を拝聴したのを機に手にとりました。組織を活性化する心構えと手段が書かれているのですが、基本は仕事を楽しくすることの重要性を説いています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

資本主義はなぜ自壊したのか カブドットコム証券 阿部吉伸氏が選ぶ1冊日頃、IT戦略を描くときに「先入観にとらわれたくない」という強い思いがあります。名が通っていないベンダーの製品や、導入実績に乏しい製品であっても、機能が優れていれば是非使いたい。もちろんリスクは伴うけれど、他社の真似なんかしていたら、競争優位に立てるシステムなんて実現しませんからね。目的に合致する合理的な方法は何かを見極める、ピュアな目を持つことが大切なんじゃないでしょうか。

PAGE TOP