[シリコンバレー最前線]

シリコンバレーに「海賊船」が出現 世界中から起業家を集める

2013年5月28日(火)山谷 正己

シリコンバレーは起業家に優しい地域だが、外国人が伝手なしに起業するとなると、そう簡単にはいかない。就業ビザを取得できないからだ。ある起業家たちがそれを可能にするために立ち上がった。

1999年、ノースイースタン大学の学生であったショーン・ファニングは趣味が高じてP2P(Peer-to-Peer)を使ったミュージック交換サイトNapsterを立ち上げたところ大人気になり、起業した。その後、マサチューセッツ州からシリコンバレーのサンマテオ市に会社を移転した。

2004年1月、ハーバード大学生であったマーク・ザッカ—バーグ氏(現FacebookのCEO)は、ソーシャルネットワーキングThe Facebookを学生寮で始めた。同年6月にはシリコンバレーのパロアルト市に移って、ピーター・シール氏(シリコンバレーで著名なエンジェル投資家)から初めての投資を受けた。その後、名称をFacebookに変えた。

2010年4月、ニューヨーク大学の学生4名が、Facebookよりも安全なソーシャルネットワーキングをオープンソースとして開発するべく、Diasporaを起業した。彼らはニューヨークでシードマネーを集めて、3カ月後にサンフランシスコに会社を移した。

こうした例は枚挙にいとまがない。アメリカ国内からだけではなく、イスラエル、フランス、北欧、ロシアなど、世界中からシリコンバレーにやってくる。最初に自国で起業して軌道に乗るや、シリコンバレーに拠点を移したり、第二本社を開設する外国企業も多い。Check Point Software、Talend、Zend Technolo-giesなどがその例だ。だからシリコンバレーの住民の36%は、外国生れなのである(先月号の当コラム参照)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

シリコンバレーに「海賊船」が出現 世界中から起業家を集めるシリコンバレーは起業家に優しい地域だが、外国人が伝手なしに起業するとなると、そう簡単にはいかない。就業ビザを取得できないからだ。ある起業家たちがそれを可能にするために立ち上がった。

PAGE TOP