[マーケティング志向で行こう!]

競合がいるマーケットは企業にもユーザーにもありがたい

2013年7月22日(月)加藤 恭子(ビーコミ)

情報システム部門がハードウェアやソフトウェアを選定する際に、「とにかくシェアナンバーワンの製品を選んでおけば間違いない。たとえ導入が失敗しても、それを言い訳にできる」という話が語られることがあります。読者の皆さんは、どうお考えでしょう? 今回は、この話の是非をマーケティングの視点から見てみます。

マーケットが成立し、広がる理由

筆者の会社ではメディアトレーニングというプログラムを用意していて、その現場に立ち会うことがよくあります。IT企業のトップの方などに対して、記者に対する受け答えやプレゼンテーション方法を学んでもらう場です。見込み客やパートナー企業向けのプレゼンテーションを得意としている人は多いのですが、記者向けとなると勝手が違うため、うまくできない方が少なくありません。記者に向かって、ついついセールストークに終始してしまったり、模擬的な質疑応答で「ノーコメント」を連発してしまったりするんです。

そんな模擬質疑応答の中に、「競合他社はどこですか?」という定番の質問があります。実はこの質問、意外と回答が難しかったりします。例えば自社の製品やサービスに自信を持っている人ほど、「競合はいません」と答えることがあります。それくらい優れているといいたいのですが、記者には「市場が小さく、将来性も低いので誰も参入していないのか」と、受け取られてしまうことが起こります。

ユニークな製品や技術で新しい市場や分野を立ち上げるのは、言うまでもなく大変なことです。どんなに良いものでも認識されなければ購入してもらえません。CRMやERPといった今では当たり前になったものでも、それらの呼称がついて認識されたからこそ広まる面があります。つまり複数の企業が参入して切磋琢磨しながら製品を開発し、マーケティングや広告宣伝を実施し、展示会やメディアでもアピールして……の繰り返しで、市場や分野が認知され、広がっていくのです。

少し切り口は違いますが、宅配ピザのビジネスも実は同じです。ある宅配ビザの会社がテレビでCMを流すと、その会社だけではなく、競合他社のピザの売り上げも上がると言われることがそれです。CMを見て「ピザが食べたい」と思った消費者は、とにかく自宅に届けてくれる店に電話をするからなんですね。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
マーケティング志向で行こう!一覧へ
関連記事

競合がいるマーケットは企業にもユーザーにもありがたい情報システム部門がハードウェアやソフトウェアを選定する際に、「とにかくシェアナンバーワンの製品を選んでおけば間違いない。たとえ導入が失敗しても、それを言い訳にできる」という話が語られることがあります。読者の皆さんは、どうお考えでしょう? 今回は、この話の是非をマーケティングの視点から見てみます。

PAGE TOP