[シリコンバレー最前線]

シリコンバレーの新マフィア(後編)Google、Facebook、Twitterの系譜

2014年3月12日(水)山谷 正己

シリコンバレーには“マフィア”にも似たベンチャービジネスの起業家集団が存在する。多くは、先進ハイテク企業で腕を磨いてからスピンオフし、仲間と一緒に起業する。前編に続き今回は、Googleマフィアと、Facebookマフィア、Twitterマフィアを紹介する。

 米国では、同じ会社に勤めていた者同士を、学校同様に「同窓生(alumni:アラムナイ)」と呼んでいる。起業時にも、この同窓生が上手く機能する。起業のための資金は、それまで務めていた会社の持ち株を換金したり、ベンチャーキャピタリストからの投資を募ったりするが、同窓生にベンチャーキャピタリストがいれば話は早いからだ。技術者を募るにしても、資金を募るにしても人脈が大きく功を奏する。

VCを多数設立しているGoogleマフィア

 1998年に設立されたGoogleは、その7年後の2004年に株式を公開した。以後、同社の株価は着実に上がり続けている(図1)。設立当初にストックオプションなどによって数千株を所有した同社の従業員は今日、その持ち株を売れば豪邸が建つだろう。

図1:Googleの株価の推移

 

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連キーワード

M&A

関連記事

シリコンバレーの新マフィア(後編)Google、Facebook、Twitterの系譜シリコンバレーには“マフィア”にも似たベンチャービジネスの起業家集団が存在する。多くは、先進ハイテク企業で腕を磨いてからスピンオフし、仲間と一緒に起業する。前編に続き今回は、Googleマフィアと、Facebookマフィア、Twitterマフィアを紹介する。

PAGE TOP