[スマートウェアラブルデバイス最新動向]

4タイプ分類でスッキリわかる、ウェアラブルデバイスの最新動向

2014年4月2日(水)大元 隆志

眼鏡、腕時計、コンタクト…。様々なタイプの“ウェアラブルデバイス”が注目を集め始めている。マニア向けガジェットと見ることなかれ。凝縮された最新テクノロジーは、今後のビジネスや、企業ITとの連携を考える上で、なにがしかの示唆を与えてくれるだろう。本稿では、ウェアラブルデバイスの“今”を詳しく見る。

 ウェアラブルなコンピュータはかなり前から存在する。詳しくは別の記事で述べるが、16~18世紀に発明された機械仕掛けのものもあれば、2000年前後にブームを呼んだものもある。今日、注目を集めているのは、スマートフォンやクラウドとの連携を前提としたものだろう。

 これまでのウェアラブルなコンピュータと区別するため、ここでは、スマートウェアラブルデバイスと呼ぶことにしよう。現在のスマートウェアラブルデバイス市場は大きく四種類のカテゴリに分類することができる。

図:スマートウェアラブルデバイスは大きく4つのタイプに分類できる
図:スマートウェアラブルデバイスは大きく4つのタイプに分類できる

 以下、各タイプの特徴や、代表的な製品、今後の課題などをみていこう。

A. アクティビティ・トラッカー(市場形成の要)

写真:ナイキのアクティビティ・トラッカー
「NIKE+ FUELBAND SE」

 ダイエットやスポーツの活動量を計測するデバイスである。代表的な製品として、「NIKE+ FUELBAND SE」や、「Fitbit One」、 「UP by Jawbone」などがある。価格も1万円前後と比較的入手しやすい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
スマートウェアラブルデバイス最新動向一覧へ
関連記事

4タイプ分類でスッキリわかる、ウェアラブルデバイスの最新動向眼鏡、腕時計、コンタクト…。様々なタイプの“ウェアラブルデバイス”が注目を集め始めている。マニア向けガジェットと見ることなかれ。凝縮された最新テクノロジーは、今後のビジネスや、企業ITとの連携を考える上で、なにがしかの示唆を与えてくれるだろう。本稿では、ウェアラブルデバイスの“今”を詳しく見る。

PAGE TOP