[大元隆志のウェアラブル・ビジネス活用最前線]

JAL×iBeacon×スマートウォッチ、羽田空港での実証実験をフォトレポート

第3回(後編)

2014年9月10日(水)大元 隆志

日本航空株式会社(JAL)と野村総合研究所(NRI)はスマートウォッチとiBeaconを活用した実証実験を2014年7月16日から約一ヶ月に渡り行った。その様子を前後編に分けてレポートする。後編では、実証実験の模様を開発を担当した野村総合研究所の幸田敏宏氏に聞いた。

前編はこちら(JAL×iBeacon×スマートウォッチ、羽田空港での実証実験の狙いと成果

NRIの幸田氏野村総合研究所
IT基盤イノベーション事業本部
基盤ソリューション企画部
イノベーション事業グループ
上級テクニカルエンジニア 幸田敏宏氏

 前編では、実証実験の指揮をとったJALの高橋氏に話を聞いた(JAL×iBeacon×スマートウォッチ、羽田空港での実証実験の狙いと成果)。後編では、フォトレポート形式で実証実験の様子を紹介しよう。案内役は、開発を担当したNRIの幸田氏。普段、目に触れない空港の裏側が見られるとあって期待が膨らむ。

 まず、案内されたのがサテライトオフィス。空港内の4カ所に設置されており、運行状況を確認し、周辺エリアのスタッフを管理する司令室だ。小さな部屋(失礼)に大勢のスタッフがひしめき、机の上にはスタッフへの指示を記載したメモが所狭しと並ぶ。メモの撮影は禁止。ただ、見慣れない記号が並び、まるで暗号のようだった。

サテライトオフィスの様子サテライトオフィスの様子

 こちらは、今回の実証実験で使ったディスプレイ。空港内の簡易地図を表示している。地図上の数字はゲート番号、黄色の枠で表示されている名前はiBeaconで検知したスタッフだ。今、どのゲートに誰がいるのかが一目でわかる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】制服の一部として捉えれば、ウェアラブルも違和感はない
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
大元隆志のウェアラブル・ビジネス活用最前線一覧へ
関連記事

JAL×iBeacon×スマートウォッチ、羽田空港での実証実験をフォトレポート日本航空株式会社(JAL)と野村総合研究所(NRI)はスマートウォッチとiBeaconを活用した実証実験を2014年7月16日から約一ヶ月に渡り行った。その様子を前後編に分けてレポートする。後編では、実証実験の模様を開発を担当した野村総合研究所の幸田敏宏氏に聞いた。

PAGE TOP