[韓国ICT事情]

韓国のクレジットカード3社、1億件の顧客カード流出は世界3位の規模

2014年4月4日(金)李 東源

電子政府の推進などを筆頭にICT活用を積極的に進める韓国。現地メディアの報道から、韓国の官民の最新動向をピックアップして紹介します。

クレジットカード3社、1億件の顧客カード流出は世界3位の規模

──アジア経済 2014年2月6日

去る2月初めに明らかになった、KB国民カード、ロッテカード、農協カードのクレジットカード3社による1億400万件の顧客情報流出事件。韓国の金融監督院によると、この件数は世界で3番目に該当するほど規模が大きいことが分かった。過去最大規模の事件は、2012年にあった中国の上海ロードウェイD&B社の情報流出で1億5000万件だった。次が米国のハートランドペイメントシステムズの事故で1億3000万件である。

2007年、米国の大手流通企業であるTJXで発生した9400万件の情報流出が4番目、2011年Sonyの7700万件の情報流出事件が5番目である。その次は台湾の郵便局と言論社など主要機関の5000万件が流出した事故が続く。2011年から2013年の間に世界で発生した情報流出事件は4138件。そのうちの59.3%が米国で発生したもので、韓国は0.3%である。

2013年に韓国では5件の事件があった。うち3件(合計462万件の個人情報流出)で、内部関係者が犯人だったことが明らかになっている。代理運転企業の運行情報管理業者(429万件)、韓国シティ銀行&韓国スタンダードチャタード銀行(13万件)、メリッツ火災保険会社(16万件)だ。他の2件は外部からのサイバー攻撃によるものである。韓国で過去最大規模のものは、ウェブポータル&ブログ企業であるNATE社の3500万件だった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
韓国ICT事情一覧へ
関連記事

韓国のクレジットカード3社、1億件の顧客カード流出は世界3位の規模電子政府の推進などを筆頭にICT活用を積極的に進める韓国。現地メディアの報道から、韓国の官民の最新動向をピックアップして紹介します。

PAGE TOP