CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[Gartner's Voice]

デジタル時代に情報システム部門が活躍するための3つのアクション

2014年5月12日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

クラウド、ビッグデータ、ソーシャルメディア、スマートフォン、ウェアラブルデバイス・・・。過去数年間のITトレンドをつなぎ合わせると、企業ITを取り巻く環境が大きく変化していることが分かる。今後、企業ITはどこに向かうのか、情報システム部門はどう向き合うべきか。ガートナーでヴァイスプレジデント兼フェローを務める、Dave Aron氏に話を聞いた。

米Gartner ヴァイスプレジデント 兼 フェローのDave Aron氏米Gartner ヴァイスプレジデント 兼 フェローのDave Aron氏

 企業ITは、新しい時代に突入しつつある。これまでの過去15年間、企業ITのテーマは「業務プロセスのIT化」だった。ERP、CRM、財務、人事などのシステムを導入し、業務プロセスを効率化する。しかし、今後は、テクノロジーを活用して、新しいビジネスモデルを創出したり、今までにない顧客体験を生み出したりすることが最重要課題になるだろう。

 背景にあるのは、デジタル世界の拡大である。スマートフォンの普及や、センサーネットワークの拡大、ソーシャルメディアの登場によって、現実世界のさまざまな情報が手に入るようになった。多様な形式のデータを扱うためのテクノロジーも登場している。コンピュータが扱える世界が急速に拡大しているのである。

 こうした環境の変化を背景に、企業ITは、既存の業務をデジタル化する「デジタイズ(digitize)」の時代から、デジタル化した世界に合わせて企業を変革する「デジタライゼーション(Digitalization)」の時代に入るのだ。

 「またか」と思われた読者もいるかもしれない。IT業界では、何度となく「世の中が変わる」といった言説が繰り返されてきた。ASP(Application Service Provider)、仮想化、オブジェクト指向開発・・・。今回もオオカミ少年が騒いでいるだけだと考える読者も多いだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】デジタル時代に合わせてITコアを更新せよ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
Gartner's Voice一覧へ
関連キーワード

デジタルビジネス

関連記事

デジタル時代に情報システム部門が活躍するための3つのアクションクラウド、ビッグデータ、ソーシャルメディア、スマートフォン、ウェアラブルデバイス・・・。過去数年間のITトレンドをつなぎ合わせると、企業ITを取り巻く環境が大きく変化していることが分かる。今後、企業ITはどこに向かうのか、情報システム部門はどう向き合うべきか。ガートナーでヴァイスプレジデント兼フェローを務める、Dave Aron氏に話を聞いた。

PAGE TOP