[深化するSCM]

【第3回】物流センター改革の次の一手、タスク管理からリソース管理へ

2014年5月26日(月)アビームコンサルティング

「SCM(Supply Chain Management:サプライチェーン・マネジメント)」というキーワードが登場して約30年が経つ。企業全体のコストの最適化を図るために、多くの企業がSCMに取り組んできた。しかし、先進企業は、より深部の業務課題にフォーカスし、さらなるコスト改革へ取り組んでいる。前回は、改めて脚光を浴びている「S&OP(Sales and Operations Planning)」について解説した。今回は、物流、なかでも物流センターにおける次の一手を取り上げる。

 サプライチェーンの土台を担っているのは物流機能である。物流の最適化なしにサプライチェーン最適化は実現できない。SCM(Supply Chain Management)の概念が登場するはるか以前より、物流の最適化・効率化は検討され続けてきた。各社とも種々の手を打ってきたことだろう。

 物流は大きく5つの機能からなっている。輸送、保管、荷役、包装、流通加工だ。これら5大機能のうち、輸送を除く4大機能を担っているのが物流センターである。物流の最適化・効率化のほとんどは、この物流センターが舞台になる。

物流センター運営の”深化”に必要な2つのコントロール

 物流センターは、購買部門や販売部門などから入荷予定や出荷指示を受け日々の業務を遂行している。その物流センター運営の“深化”と効率化において重要なことは、人材を中心としたリソースコントロールとコストコントロールである。

リソースコントロール:物流センターの作業工程は一度決めてしまうと変更が容易ではない。多くの制約(設備制約、庫内レイアウト制約、WMS制約など)が発生してしまうからだ。柔軟にコントロールできるのはリソースしかない。タスク量に合わせて、いつ、どこに、どれだけ配置するかのリソースコントロールが重要になってくる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
深化するSCM一覧へ
関連記事

【第3回】物流センター改革の次の一手、タスク管理からリソース管理へ「SCM(Supply Chain Management:サプライチェーン・マネジメント)」というキーワードが登場して約30年が経つ。企業全体のコストの最適化を図るために、多くの企業がSCMに取り組んできた。しかし、先進企業は、より深部の業務課題にフォーカスし、さらなるコスト改革へ取り組んでいる。前回は、改めて脚光を浴びている「S&OP(Sales and Operations Planning)」について解説した。今回は、物流、なかでも物流センターにおける次の一手を取り上げる。

PAGE TOP