[矢坂徹の「CIOの心得」]

IT部門が内包すべき機能 その1~戦略企画機能

2014年6月18日(水)矢坂 徹(ウェッジ・コンサルティング代表)

事業会社のIT部門が、社外に任せず自ら発揮すべき価値を集約すると大きく5つの機能が浮かび上がる。今回は、そのうちの「戦略企画機能」について解説する。

 前回は、「ビジネスに恒常的に貢献し、時にはそのビジネスをリードするIT部門」に必要なIT機能とは?というテーマに関連して「知識とスキルの違い」を説明しました。

 やや脱線した感もありますが、業務プロセス改善の知識を持っていてもスキルに転換できないIT部門が多く、その結果として「IT部門内の業務を一定の品質・生産性をもって実行する」ことや「そのためのプロセス改善ができない」というケースを多く見受けるため、これは大事だと思い、あえてボリュームを割いた次第です。

 しつこいようですが、例を挙げてみます。IT部門のスタッフが、ITサービスマネジメントに関する知見を集積した「ITIL」については知識があり、人によっては“ITIL Certified”の資格も保有しているとしましょう。ここで、ITILフレームワークに則ってデータセンターオペレーションの標準化に向けてプロセス改善に臨む際に、以下のようなことが散見されます。

  1. 何をどうしたらそのプロセスがITIL標準フレームワークに則って標準化できるのか分からない。
  2. そこで、アウトソーシング・パートナーにプロセス改善をお願いする。
  3. オペレーションに関する既存プロセスや課題を反映した改善点がIT部門社員から具体的に提示されず、パートナーはここを曖昧にしたままプロセスを標準化してしまう。
  4. できあがったプロセスについて、社員はITILフレームワークに則った検証ができない。
  5. 結果、課題を包含したままの標準プロセスができあがってしまう。

──このような悪循環が、そこかしこに見受けられます。研修への行かせっ放し、資格の取らせっ放しは、年を重ねると共に形骸化。せっかく習得した知識も埃にまみれてしまいます。最後にもう一度申し上げますが、新たに得た知識を実践で駆使し「スキルに変える」努力が欠かせず、それをIT部門の皆さんに啓発できる職場環境を作ることがCIOの責務なのです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IT部門が能動的に価値を発揮する「戦略企画機能」
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
矢坂徹の「CIOの心得」一覧へ
関連記事

IT部門が内包すべき機能 その1~戦略企画機能事業会社のIT部門が、社外に任せず自ら発揮すべき価値を集約すると大きく5つの機能が浮かび上がる。今回は、そのうちの「戦略企画機能」について解説する。

PAGE TOP