[シリコンバレー最前線]

医療サービスもオンデマンドで!ビデオ会議で診断し処方箋は薬局へ送信

2014年6月19日(木)山谷 正己

米国ではオンデマンド・テレメディシンが着実に普及してきている。医療費が高いことが背景にある。従業員へのサービス向上を目的に、テレメディシンのサービスプロバイダと契約する企業も増えている。

 米国では病気になったからといっても、医師に診察してもらうまでが一苦労である。病気かなと思ったらまず、ファミリードクター(かかりつけ医)に電話をかけ予約を取る必要がある。当日に空き時間がなく症状が軽ければ、予約は翌日以降になってしまう。症状が重ければ当日中に割り込ませてくれることもあるが、たとえ高熱に悩まされていても、車を飛ばすか家族に運転してもらって、予約時間までには医院に到着しなければならない。

 これが週末や祭日なら医院は当然閉まっている。その場合は、年中無休のウォークイン・クリニック(walk-in clinic:緊急診療所)を訪れることになる。予約なしで診察してくれるものの、混み具合によっては1時間以上待たされる。

 ようやく診察を受けられたら、今度は薬局に薬を取りに行かなければならい。ただ、薬局で待つ必要はない。医師がパソコンで作成した処方箋は、患者が指定した薬局にネット経由で送信されるためだ。患者が窓口に着くころには、調合済みの薬が用意されている。ちなみに薬局は、主要なスーパーストアー内にある。米国には医薬品専門店、いわゆる薬屋はない。

診察をPCやスマホなどから予約

 こうした状況を回避するために、登録ユーザー数を増やしているのが、オンデマンド型のテレメディシン(telemedicine)だ。主なオンデマンドのテレメディシンサービスを表1にまとめた。いずれも、PCやタブレット、スマートフォンなどを使ってアクセスができる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】健康保険の低減と医師不足を補う
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

医療サービスもオンデマンドで!ビデオ会議で診断し処方箋は薬局へ送信米国ではオンデマンド・テレメディシンが着実に普及してきている。医療費が高いことが背景にある。従業員へのサービス向上を目的に、テレメディシンのサービスプロバイダと契約する企業も増えている。

PAGE TOP