コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新たなワークスタイルを支えるUC(Unified Communications)の基礎知識]

【第1回】対面に変わる企業内コミュニケーションの変遷

2015年9月2日(水)Christopher Franke(インターコール・ジャパン シニアマネージャー) 高橋 貞治(インターコール・ジャパン UCソリューションコンサルタント)

企業内では既に、様々なコミュニケーション手段が利用されています。かつて、遠隔地を結ぶコミュニケーションと言えば、電話(一般公衆回線)のことでした。それが今では、IP(Internet Protocol)網の発達により、電話も携帯電話やIP電話が主流になり、音声だけではなく各種のデータ通信を併用したコミュニケーションが利用できるようになっています。第1回は、各種の会議手段の特徴を整理し、これからのコミュニケーションに向けた課題を明らかにしておきましょう。

 インターネットの登場以来、ネット(バーチャル)とリアルの優劣が常に議論されてきました。もっとも最近では、EC(Electronic Commerce:電子商取引)事業などに象徴されるようにネットとリアルをいかに融合し、それぞれの間を境目なく埋めるかが重要だとの認識が広がっています。

 これは、企業におけるコミュニケーションにおいても同様です。在宅勤務やテレワークが広がっても、実際のオフィスがなくなることはありません。しかし、グローバル化や働き方の多様化を考えれば、これまで以上にネットでのコミュニケーション手段を活用していかなければならないでしょう。

 直接に顔を合わせての会話や会議が不可能な遠隔地点を結ぶ会議などのコミュニケーション手段は現在、多種多様な仕組みが用意されています。かつては音声電話が主流でしたが、現在ではIP(Internet Protocol)網が発達してきたこともあり、Web会議やビデオ会議などの利用も、特別なことではなくなってきています(図1)。

図1:遠隔コミュニケーション手段の進化図1:遠隔コミュニケーション手段の進化
拡大画像表示

 まずは、各種の会議手段の特徴を整理してみましょう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IP網の普及に伴って利用が始まったWeb会議
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
新たなワークスタイルを支えるUC(Unified Communications)の基礎知識一覧へ
関連記事

【第1回】対面に変わる企業内コミュニケーションの変遷企業内では既に、様々なコミュニケーション手段が利用されています。かつて、遠隔地を結ぶコミュニケーションと言えば、電話(一般公衆回線)のことでした。それが今では、IP(Internet Protocol)網の発達により、電話も携帯電話やIP電話が主流になり、音声だけではなく各種のデータ通信を併用したコミュニケーションが利用できるようになっています。第1回は、各種の会議手段の特徴を整理し、これからのコミュニケーションに向けた課題を明らかにしておきましょう。

PAGE TOP