[クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る]

Azureの仮想マシンはWindows環境だけではない【第2回】

2016年6月6日(月)安部 泰志(アバナード クラウドマーケットユニット シニアコンサルタント)

米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。第1回ではAzureのサービス概要および特徴、課金体系について紹介した。今回から、AzureにおけるIaaS(Infrastructure as a Service)サービスの内容と、その特徴を紹介する。まずは、コンピュートサービスである仮想マシンを取り上げる。

 前回、Microsoft Azure(以下、Azure)特徴として、AzureがIaaS(Infrastructure as a Service)とPaaS(Platform as a Service)の双方を包含したクラウドサービスであることを述べた。今回は、IaaSサービスにスポットを当て、Azure IaaSの中心となる仮想マシンについて紹介するとともに、Azure IaaSを利用する際の考慮ポイントも説明する(図1)。

図1:Microsoft Azureにおける IaaSサービスの位置付け(出所:日本マイクロソフト)図1:Microsoft Azureにおける IaaSサービスの位置付け(出所:日本マイクロソフト)
拡大画像表示

IaaSの開始で企業のAzure利用が進展

 Azureは当初、PaaSとしてサービスが提供されていた。だが2012年6月からはIaaSとしてのサービスも開始されている。これによりオンプレミスで導入・運用していた仮想マシン環境をAzure上にシームレスに移行できるようになった。以後、多くの企業が以下のような業務シナリオに合わせてAzureを利用し始めた。

●社内システムの開発・検証向けサーバー環境の導入
●既にオンプレミスで導入・運用されている社内システムの拡張サーバーの導入
●保守期限が切れたサーバーの延命策

 2014年2月に日本リージョンでのサービス開始も、Azure利用を後押しした。最近では、上記の業務シナリオにとどまらず、商用環境やITインフラ基盤のコア領域における利用も始まっている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】5シリーズからなるAzureの仮想マシンタイプ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る一覧へ
関連記事

Azureの仮想マシンはWindows環境だけではない【第2回】米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。第1回ではAzureのサービス概要および特徴、課金体系について紹介した。今回から、AzureにおけるIaaS(Infrastructure as a Service)サービスの内容と、その特徴を紹介する。まずは、コンピュートサービスである仮想マシンを取り上げる。

PAGE TOP