[Tips2.0]

Skypeの通話を録音する

2007年10月3日(水)

最近では、Skypeを電話代わりに使うことが多くなった。ただ、使用頻度が高くなるにつれ、会話を録音しておきたいこともある。数字のやり取りなど、大切なことについて話すときに録音しておけると、あとから確認できるので便利だ。 残念ながらSkypeには録音機能はないが、サードパーティが提供するSkypeの拡張機能「エキストラ」(Extra)を組み込むことで録音ができるようになる。エキストラは、Skypeの[ツール]メニューにある[さらに活用]-[エキストラを入手]をクリックすると起動する「Extraマネージャ」で組み込みを行う。

エキストラは、そのほとんどが海外で作られたソフトウェアなので英語表示となるが、“Record”で検索すると、通話録音(Call Record/Recording)が可能なエクストラを見つけることができる。現時点では機能制限なしで無料のものはないようだが、「Pamela MP3 Call Recorder」というエクストラのフリートライアル版は、15分以内という時間制限つきながらタダで利用できる。15分録音できるなら、実用上はほとんど問題はないだろう。

Extraマネージャ

「Pamela MP3 Call Recorder」のインストールは、“Record”の検索結果として右側のペインに表示されている「Pamela MP3 Call Recorder」欄の右上の「試す」をクリックし、ダウンロード後に表示される使用許諾のダイアログボックスで[出版社のエンドユーザ・ライセンス契約の条項に同意します。]をチェックして[OK]ボタンをクリックし、そのあとに表示されるダイアログでSkypeとの連携を許可するよう設定することで利用可能となる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Tips2.0一覧へ
関連記事

Skypeの通話を録音する最近では、Skypeを電話代わりに使うことが多くなった。ただ、使用頻度が高くなるにつれ、会話を録音しておきたいこともある。数字のやり取りなど、大切なことについて話すときに録音しておけると、あとから確認できるので便利だ。 残念ながらSkypeには録音機能はないが、サードパーティが提供するSkypeの拡張機能「エキストラ」(Extra)を組み込むことで録音ができるようになる。エキストラは、Skypeの[ツール]メニューにある[さらに活用]-[エキストラを入手]をクリックすると起動する「Extraマネージャ」で組み込みを行う。

PAGE TOP