ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[CIO INSIGHT]

企業ブログの第一人者ロバート・スコーブル氏、Web2.0ツールの企業利用を語る

2009年2月24日(火)

Robert Scoble on Corporate Blogging By Edward Cone 翻訳 : 古村 浩三 ブログをはじめとしたWeb2.0をうたうツールは、企業の中でも一般的なものになってきた。だが大半の企業は、どうやってこれらのツールを効果的に活用したらよいのか、まだあまり理解していない。Web2.0をうたうツールの潜在的な力は何か。企業利用の現状は−。CIO INSIGHTは、企業ブログをメジャーなメディアに押し上げた人物として有名なロバート・スコーブル氏に話を聞いた。

スコーブル氏は、NECの米子会社に勤務後、マイクロソフト(MS)に入社。MSの企業ブログとして大きな人気を獲得した同氏のブログ「Scobleizer」は、同社が渇望していた人間味のある雰囲気の醸成に貢献した。

MS退社後は、ポッドキャスティング(音声番組のダウンロードサービス)のスタートアップ企業であるポッドテックに移籍。現在はマンスエト・ベンチャーズが発行するビジネス雑誌「Fast Company」のWebサイトで、オンラインビデオ製作を手がけている。

CIO INSIGHT多くの企業ブログが活性化しておらず、あまり効果が上がっていないのはなぜか?

スコーブル氏報道機関向けのプレスリリースのようなブログが少なくないからだ。確かに、ブログのスタイルはプレスリリースにしては新しく、デザインも親しみやすい。だが肝心の内容は、自社ニュースや製品情報など、プレスリリースと変わりがない。本当に効果があるのは、その市場でのオーソリティー(権威者)という立場に立って情報提供を行うことだ。本当に難しいことであり、私もずっと試行錯誤を続けている。実行できている人は、私の知る限りごく少数しかいない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

企業ブログの第一人者ロバート・スコーブル氏、Web2.0ツールの企業利用を語るRobert Scoble on Corporate Blogging By Edward Cone 翻訳 : 古村 浩三 ブログをはじめとしたWeb2.0をうたうツールは、企業の中でも一般的なものになってきた。だが大半の企業は、どうやってこれらのツールを効果的に活用したらよいのか、まだあまり理解していない。Web2.0をうたうツールの潜在的な力は何か。企業利用の現状は−。CIO INSIGHTは、企業ブログをメジャーなメディアに押し上げた人物として有名なロバート・スコーブル氏に話を聞いた。

PAGE TOP