CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

にんげんだもの 他2冊(セイコーエプソン 小坂 賢)

2009年5月27日(水)

たまに、仕事で壁に突き当たって落ち込むことがあります。新規案件に社内の理解や協力がなかなか得られない、なんて場面です。そんなときは、相田みつを氏の詩集「にんげんだもの」を開きます。この詩集には我々が普段は口に出さない思いを代弁するような詩が収められていて、読むと気持ちが安らぎます。特に「花を支える枝 枝を支える幹 幹を支えるのは根 根は見えねえんだなあ」という作品には共感します。企業にとってシステムは、まさに根のようなものですよね。何かトラブルが起きない限り、表に出ることはほとんどない。でも、会社を陰で支えているんです。そう思うと、元気が出ます。

にんげんだもの にんげんだもの
相田みつを 著
ISBN:978-4579500420
文化出版局
1580円

人を動かす」も、マインドが下向きのときに読む1冊です。プロジェクトの進捗が思わしくないとか、メンバーが思うように動いてくれないなど、マネジメントで行き詰まると手に取ります。この本は、相手を思い通りに動かすためのコミュニケーションについて、「聞き手にまわる」「相手を批判しない」といった具体的な手法を解説しています。70年以上前に書かれた本ですが、内容は全く古びていない。読むたびに、“聞くこと”の重要性と難しさを教えられます。

ちなみに、私にとって理想の上司は「鬼平犯科帳」の長谷川平蔵です。火付盗賊改方の長官として悪を厳しく断じる一方で、情には厚い。肝が据わっていて頼りになる。彼こそ、上司の鑑ですよ。

週に2回は書店に行き、目についた本を数冊買います。1年に10回ほどの海外出張時も、本は欠かせません。往復の飛行機で1冊ずつ、それにホテルで寝る前に読む分を合わせて、毎回5冊くらい買いこんでいきます。

読書の楽しみに目覚めたのは、中学3年生のとき。最初は受験勉強からの逃避でした。机に向かって何か読んでいれば、親は勉強していると思うでしょ(笑)。不純な動機でしたが、本を読む習慣が身に付いたのはそれからです。大学受験の前には、平井和正氏によるSF大長編「幻魔大戦」にハマりました。友人から「すごい本がある」と聞いて、読まずにいられなくなってね。1週間というもの、受験勉強そっちのけで読みふけりました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

にんげんだもの 他2冊(セイコーエプソン 小坂 賢)たまに、仕事で壁に突き当たって落ち込むことがあります。新規案件に社内の理解や協力がなかなか得られない、なんて場面です。そんなときは、相田みつを氏の詩集「にんげんだもの」を開きます。この詩集には我々が普段は口に出さない思いを代弁するような詩が収められていて、読むと気持ちが安らぎます。特に「花を支える枝 枝を支える幹 幹を支えるのは根 根は見えねえんだなあ」という作品には共感します。企業にとってシステムは、まさに根のようなものですよね。何かトラブルが起きない限り、表に出ることはほとんどない。でも、会社を陰で支えているんです。そう思うと、元気が出ます。

PAGE TOP