CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIO INSIGHT]

重要性高まる「マーケティングIT」IT部門の実力を社内にアピール

2009年7月29日(水)

How to Market IT’s Value By Dan Roberts 翻訳 : 古村 浩三 米企業を取り巻くIT事情の「今」を伝えるCIO INSIGHT。今回はその中から2本の記事を取り上げる。1本目は、IT部門が自らを“マーケティング”するという、一風変わった手法を取り上げた記事。社内にIT部門の実態を正しく伝えることで、社内からの信頼感を向上できるほか、能力や実態を無視した社内からの無理な要求を減らせると説く。続く2本目の記事は、米国における電子メール管理の現状に関するものだ。eディスカバリーなどの法律により、電子情報の蓄積や迅速な収集が求められる米企業。メールは最も身近で頻繁に使うツールだからこそ、あらためて管理を見直すべきだと主張する。(本誌)

最近、CIOやIT部門の人から“マーケティングIT”という言葉を聞くようになった。一言で言うと「IT部門の価値を広く社内に知らしめる」こと。日頃は裏方に徹しがちで実態がつかみにくいIT部門の役割を、IT部門自らがあらためて周知していこうという取り組みだ。

マーケティングという言葉については、あまりに多くの誤解がある。CIOにマーケティングの定義を尋ねれば三人三様の答えが返ってくる。同じ単語内に「マーケティング」と「IT」という文字が並んでいることに、違和感を感じるCIOも多いことだろう。

CIO INSIGHTは、ITコンサルティング会社である米ウェレット&アソシエイツのダン・ロバート社長にインタビューし、マーケティングITにまつわる疑問をQ&A方式でまとめた。CIOがIT部門の能力を“マーケティング”することによって得られる恩恵や、それを得るための方策を探っていこう。

Q1. そもそも“マーケティングIT”とは何か?

A1. まず何がマーケティングではないのかを確認しておこう。マーケティングは物を売ることではない。人の目をごまかすことでもなければ、事実を脚色して気をひくことでもない。当然、身の丈以上の印象を周囲に与えたり、自画自賛するものでもない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

重要性高まる「マーケティングIT」IT部門の実力を社内にアピールHow to Market IT’s Value By Dan Roberts 翻訳 : 古村 浩三 米企業を取り巻くIT事情の「今」を伝えるCIO INSIGHT。今回はその中から2本の記事を取り上げる。1本目は、IT部門が自らを“マーケティング”するという、一風変わった手法を取り上げた記事。社内にIT部門の実態を正しく伝えることで、社内からの信頼感を向上できるほか、能力や実態を無視した社内からの無理な要求を減らせると説く。続く2本目の記事は、米国における電子メール管理の現状に関するものだ。eディスカバリーなどの法律により、電子情報の蓄積や迅速な収集が求められる米企業。メールは最も身近で頻繁に使うツールだからこそ、あらためて管理を見直すべきだと主張する。(本誌)

PAGE TOP