CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

リーダーの教科書ほか-日産フィナンシャルサービス 米村嘉一氏が選ぶ1冊

2010年2月25日(木)

協力会社を合わせて100人以上のITエンジニアを率いる身として、「軸足をぶらさない」「逃げない」「他責ではなく自責で考える」の3つを心がけています。こうしたマネジメントスタイルは、2人の上司による“OJT”で培われたところが大きいですね。

リーダーの教科書
リーダーの教科書
新 将命 著
ISBN:978-4270004401
ランダムハウス講談社
1600円

1人は、欧州日産での上司であるアラン・カー氏です。厳しい人でね、ずいぶん鍛えられました。着任早々「役に立たなかったら、すぐ日本に帰ってもらう」と宣告されたのは忘れられません(笑)。でも、4年の駐在期間を終えて帰国する際には「君になら戦場でも安心して背中を見せられる」と言ってくれた。うれしかったですね。

日産グループにおいてオートローンやオートリースなどの金融サービスを提供する今の職場に移ってからは、当時システム担当の常務だった上浦 原さんの薫陶を受けました。面倒見のいい人で、部長としての心得を惜しみなく伝授してくれた。部長としてのものの考え方や視点を学びました。上浦さんの一言一言を、今でもことあるごとに思い出します。

2人の師のおかげで、部長としてなんとかやってこれました。最近では、仕事の中でリーダーとしての手応えを感じる瞬間もたまにあります。ただ、そこで慢心しては裸の王様になってしまう。リーダーシップ関連の書籍をよく手に取るのは、そんな危機感からです。「自分はリーダーとしてまだまだだ」という自戒を促す鏡になりますから。今日は、そのなかから2冊を紹介します。

「リーダーとは何ぞや」。この難問を考えるヒントを与えてくれるのが、「リーダーの教科書」です。リーダーとしての心得や認識、スキルを明快に述べています。体系立てて書かれていて分かりやすいので、忙しい人にもおすすめです。実際、後輩数人にプレゼントしました。特に、「キャリアづくりのVSOP」は参考になります。20歳代はVitality(活力)、30歳代はSpeciality(専門性)、40歳代はOriginality(独自性)、50歳代はPersonality(人間力)を身につけるべき。著者はそう言います。それぞれの頭文字をとってVSOPというわけ。50歳代に向けて、どうやって人間力を形成するか。私の今の課題ですね。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

リーダーの教科書ほか-日産フィナンシャルサービス 米村嘉一氏が選ぶ1冊協力会社を合わせて100人以上のITエンジニアを率いる身として、「軸足をぶらさない」「逃げない」「他責ではなく自責で考える」の3つを心がけています。こうしたマネジメントスタイルは、2人の上司による“OJT”で培われたところが大きいですね。

PAGE TOP