[編集部の生産性倍増奮闘記]

「立ちはだかるルーターの壁」の巻:第8回

2010年3月17日(水)

 前回は、自宅のHDDレコーダー「VARDIA RD-X8」に対して、外出先の携帯電話(iPhone)からメールで番組録画予約する方法について書きました。ここで、レコーダー本体の電源がOFFの状態では、3時間に1度しか予約メールをチェックしてくれないという問題に直面。電源さえ入っていれば(設定によって)1時間に4回は受信してくれるのに…。ならば、WOL(Wake On LAN)を使って、iPhoneからHDDレコーダーの電源を投入してしまおう、と企んだ次第です。

画面 WOLのマジックパケットを送出できるiPhoneアプリ「RemoteBoot Lite」(左)と「iWOL」(右)

iPhoneアプリを調べたところ、「RemoteBoot Lite」や「iWOL」などのWOL用ソフトがあることが判明。早速インストールして、まずは自宅のLAN環境で試してみました。RD-X8のMACアドレスを調べてRemoteBootに設定し、いざマジックパケットを送出してみると…。狙い通りに電源が入りました。これだったら外出先からも何とかなる、と期待が高まります。WAN側から見ると、自宅LAN環境との間にルーターが存在しますが、(1)ルーターのポートフォワーディング設定、もしくは、(2)PPTPによるVPN接続、のいずれかでうまくいくはず。しかし、これが思った通りに動作してくれないのです。なぜ? 

画面 ネットワークテストツールの「Ping Lite」。自宅LANにVPN接続した後、NASからの反応を確認してみた

まず、(1)のポートフォワーディング。ルーターのWAN側のグローバルIPアドレス(設定した特定ポート)に届いたマジックパケットを、RD-X8のプライベートアドレスに転送すればOKだと思っていたのに、結果は失敗。ルーターは、LAN上の機器のMACアドレスとIPドレスの対応表をキャッシュして保持するはずだけど、機器(この場合、HDDレコーダー)の電源が切れた後、一定時間が経過するとクリアしてしまうらしい!? ならば転送先をブロードキャストアドレス(例:192.168.xx.255)にすればいいのでは。しかし、セキュリティの観点から、我が家のルーターは、そもそもブロードキャストアドレスへのポートフォワーディングを設定できない仕様になっている。ううむ。

次に(2)のVPN接続。iPhoneにはPPTPなどでVPN接続する機能が備わっているので、ここに自宅ルーターへのリモートアクセスの設定を済ませておきます(自宅ルーターがVPN接続に対応している必要があります)。実際にやってみると接続は簡単で、iPhoneアプリ「Ping Lite」などでPingコマンドを送ってみると、外出先でも自宅のNASなどから反応が返ってきます。この状態ならiPhoneに自宅LANのプライベートアドレスが振られているはずだから、WOLも問題ないはず。でもこれが、あえなく失敗。どうやら、これも仕様上の問題で、VPN接続といえどWAN側からのダイレクトブロードキャストはブロックされる様子。残念。

画面 StarStoneSoftware Development社の「WOLリピーター」

何か解決策がないものかとネットを探していると、「Wake On LANリピータ」という面白い製品を見つけました。これは、常時電源ONの状態でLANに接続しておく小型装置で、固定のプライベートIPアドレス(192.168.xx.125など)を保持しています。ポートフォワーディングによるルーター越えで、このリピーター宛てにマジックパケットを送ると、LAN内にブロードキャスト転送してくれるのです(ほかにも本機のメニューにブラウザからアクセスしてマジックパケットを送出する機能もある)。導入してみたところ、これが万事解決。iPhoneでRD-X8の電源をリモート投入するという目的をやっと達することができました。WOLリピーターは、もちろん自宅のPCの電源を入れるといった用途にも使え、今後も重宝しそうな製品です。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
編集部の生産性倍増奮闘記一覧へ
関連記事

「立ちはだかるルーターの壁」の巻:第8回 前回は、自宅のHDDレコーダー「VARDIA RD-X8」に対して、外出先の携帯電話(iPhone)からメールで番組録画予約する方法について書きました。ここで、レコーダー本体の電源がOFFの状態では、3時間に1度しか予約メールをチェックしてくれないという問題に直面。電源さえ入っていれば(設定によって)1時間に4回は受信してくれるのに…。ならば、WOL(Wake On LAN)を使って、iPhoneからHDDレコーダーの電源を投入してしまおう、と企んだ次第です。

PAGE TOP