[編集部の生産性倍増奮闘記]

「iPadで原稿を書く」の巻:第15回

2010年6月2日(水)

さて、今回の記事は入手したてのiPadで書いております。タッチスクリーン上に表示されるソフトキーボードでも何とかなりますが、ちょっと長めのテキストを打ち込むなら、ハードウェアキーボードの方が効率的。というわけで、今回はその顛末です。

 何か新しい製品を買う時、ついでに周辺機器の類も揃えたくなる性分の私。今回もiPadの国内発売と同時に、純正のiPad Case、iPad Keyboard Dock、iPad Camera Connection Kitをゲットしてしまいました。いや、そんな予定ではなかったのですが、風邪の微熱でボーっとしている時に「お客さん、在庫はこれだけで、品切れになるのも時間の問題ですよ」と魔のささやき。気が付くと、それらの箱を手にレジの列に並んでいたのでありました。

 思わぬ出費に我に返りながら、「頑張って使い込めば投資は回収できる!」と自分に言い聞かせる(自己正当化だけはプロ級)。高級フォトフレーム、書籍リーダー、ゲームマシン…。もちろん、それはそれで良いのだけれど、もっと仕事でも活用しなきゃなぁ。というわけで、まずはiPadで長めの文章を書けるかどうかを試してみることにしました。メール本文を書いたり、ちょっとした原稿を執筆したり。家でも会社でも外出先でも、気が向いた時にストレスなく文章を入力できるというのが理想です。

 原稿執筆に使ったのは「Simplenote」というiPhone/iPod Touch/iPad用のメモアプリ。その名の通りシンプルながらWebサービスとの連動も考慮されており、ちょっとした文章作成に便利に使えます。で、早速、iPadに向かって書き始めました。最初は本体に備わるソフトキーボードを使っての作業です。iPadを横置き(ランドスケープモード)にすると、ちょうど良い感じの大きさにソフトキーボードが表示させるのですが、それでもPCのように両手十指を使って入力しようとすると、思った以上にミスタッチが多い…。意識の届かない指がちょっと触れてしまった部分のキーが反応してしまうのです。慣れの問題かもしれませんが、私の場合は左右の人差し指/中指の4本だけでポンポン打った方が、より快適に文字を入力できました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
編集部の生産性倍増奮闘記一覧へ
関連記事

「iPadで原稿を書く」の巻:第15回さて、今回の記事は入手したてのiPadで書いております。タッチスクリーン上に表示されるソフトキーボードでも何とかなりますが、ちょっと長めのテキストを打ち込むなら、ハードウェアキーボードの方が効率的。というわけで、今回はその顛末です。

PAGE TOP