[編集部の生産性倍増奮闘記]

「テンキーに訪れた転機」の巻:第16回

2010年6月16日(水)

日々の仕事で多用している道具の1つが電卓。目下、PC接続も可能なテンキー電卓を使っているものの、またまた魅惑的な製品を見つけてしまい、心動かされる記者でありました。

 雑誌編集の職場では、ちょっとした加減乗除の計算をするシーンが多々あります。記事に割り当てられたページ数から図版スペースを差し引いて正味の執筆文字数をはじき出す。台割(だいわり=誌面構成表)を作成する際に編集/広告それぞれのページ総数を確認する。記事を執筆するに当たって、ある市場の平均成長率を算出する…。

 そんな時に編集部を見渡すと、対処法はまちまち。あくまでエクセルでやり抜く人もいれば、紙とペンの筆算で素早く済ませてしまう人もいる。かくいう私は「電卓」派です。Windows標準や携帯電話内蔵の電卓ソフトではなく、正統派の電卓。特段のこだわりがある訳ではないのですが、メモリー計算やら、べき乗/逆数計算やらの操作方法が体に染み付いていて、それを使うのが最も仕事が速いのです。家電量販店の店員さんが「お客さん、ここまでなら何とか“お勉強”しますよ」とギリギリの価格を提示するように、「真剣に数字を扱う感覚!?」が伴うのも電卓の良いところ。

写真1 愛用中のテンキー電卓はキヤノンの「KS-120TKR II」。いつも乱雑に扱っているが故障知らず。太陽電池も内蔵

 ちなみにWikipediaによると「電卓(でんたく)は、計算の補助をするための道具のひとつ。電子式卓上計算機(でんししきたくじょうけいさんき)の略であるが、1979年(昭和54年)にJIS B0117で『電卓』が正式な名称となった」のだとか。どの電卓を手にしても基本的な計算方法は同じですが、実は細かい点ではメーカーによって操作体系がやや異なるのをご存じでしょうか。大きくはカシオ系と、シャープ/キヤノン系があるようで、例えば、べき乗計算において「2の8乗」は、前者が2[×][×][=][=][=][=][=][=][=]であるのに対し、後者は2[×][=][=][=][=][=][=][=]となります(乗算ボタン[×]を押す回数が異なる)。ほかにも定数計算などで操作に違いがあります。

 かつてからシャープ/キヤノン派の私が現在使っている電卓は、キヤノンの「KS-120TKR II」というモデル。ジャンルで言えば「テンキー電卓」の範疇に入るもので、見た目は通常の電卓でありながら、いざとなればPCの外付けテンキーパッドとして使えるのが特徴です。本コラムの第2回で触れた通り、オフィスのデスクトップPCで愛用中のキーボードは東プレのRealforceシリーズ(ジャストシステムとのコラボモデル)。これにはテンキーが備わっておらず、エクセルなどで数字キーを多用する際にはやや不便を感じます。これを解消する目的もあって、この電卓を選んだのでありました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
編集部の生産性倍増奮闘記一覧へ
関連記事

「テンキーに訪れた転機」の巻:第16回日々の仕事で多用している道具の1つが電卓。目下、PC接続も可能なテンキー電卓を使っているものの、またまた魅惑的な製品を見つけてしまい、心動かされる記者でありました。

PAGE TOP