[シリコンバレー最前線]

2012年のシリコンバレーを大胆予測 クラウドは早くも再編へ

2012年2月20日(月)山谷 正己

2011年、スティーブ・ジョブス、デニス・リッチー、ジョン・マッカーシーというITの巨星3人が相次いで他界した。一方、ジェフ・ベゾスやマ−ク・ザッカ—バーグといった次世代のリーダーが生まれている。米国IT業界の2011年を振り返りつつ、2012年を予測しよう。

3年前のリーマンショックは、シリコンバレーのビジネスに少なからず影響を与えた。失業率が増大し、ベンチャーキャピタル(VC)投資は減少。住宅価格も下落した。

しかし、2011年後半ごろからようやく、シリコンバレーの景気は回復に向かい始めた。失業率は下降に転じ、就業人口は82万人を超えた(図1)。筆者の知る当地のIT企業は今や、軒並み技術者不足を訴えている。

図1 シリコンバレーの就業人口と失業率
図1 シリコンバレーの就業人口と失業率

ベンチャー企業のIPO(株式公開)も増加している。2011年は特に、ソーシャルネットワーキング(SNS)企業のIPOが目立った。主なものを表1に示す。このなかでも最も注目を集めたのは、ビジネスパーソン向けSNSを運営するLinkedInのIPOだろう。IPO当日、LinkdIn株についた初値は10ドルだった。ところが、その日のうちに45ドルまで跳ね上がり、同社は3億5280万ドルを調達した。このほか、IPOによる調達額の規模では、オンラインゲーム会社であるZyngaの10億ドルが目を引く。もう1つ、シリコンバレー企業ではないが、Groupon(本社シカゴ)のIPOも大きな話題になった。

表1 シリコンバレーにおける2011年の主なIPO(Groupon本社はシカゴ)
表1 シリコンバレーにおける2011年の主なIPO(Groupon本社はシカゴ)

2012年、IPOを果たすと見られるベンチャーの最右翼は、なんといってもFacebookだ。同社は2004年に創業して以来、VCやMicrosoftなどから23億4千万ドルの投資を受けた。その間、サービス会員は7億5000万人に膨れ上がった。現在、約3000人いる社員は、2012年中に1万人を超える見通しだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連キーワード

クラウド

関連記事

2012年のシリコンバレーを大胆予測 クラウドは早くも再編へ2011年、スティーブ・ジョブス、デニス・リッチー、ジョン・マッカーシーというITの巨星3人が相次いで他界した。一方、ジェフ・ベゾスやマ−ク・ザッカ—バーグといった次世代のリーダーが生まれている。米国IT業界の2011年を振り返りつつ、2012年を予測しよう。

PAGE TOP