[韓国ICT事情]

韓国、「ハッキング事故発生後、1日以内に申告しないと処罰」する法案が発議

2013年9月4日(水)李 東源

現地メディアの報道から、韓国IT業界の最新動向をピックアップしてお届けします。

「ハッキング事故発生後、1日以内に申告しないと処罰」との法案が発議

デジタルデイリー 2013年8月21日

国会の「未来創造科学放送通信委員会」に所属する議員らは、インターネットハッキング事故に関する申告を24時間以内に行うことを義務づける情報通信網法(情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律)の改定案を発議した。

同法の第72条3項は「個人情報漏えいなどのようなハッキング事故が発生した場合、この内容を利用者及び関係機関に申告する」と規定しているが、申告時限は「即時」という表現のみで明確ではない。このため「この条項が事故収束のための迅速な対応を阻害している」との指摘が多数あった。

一例として、2011年に約3500万人の個人情報が流出したSKコミュニケーションズのハッキング事故の場合、同社がハッキングを認知してから2日後に捜査当局に申告をしていた。同年の8月に発生した約35万人の個人情報が流出したエプソンコリア事故では1週間を要している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
韓国ICT事情一覧へ
関連記事

韓国、「ハッキング事故発生後、1日以内に申告しないと処罰」する法案が発議現地メディアの報道から、韓国IT業界の最新動向をピックアップしてお届けします。

PAGE TOP