[“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション]

【第1回】プレゼンテーションとは何か?

2014年4月2日(水)永井 一美(オレンジコミュニケーション・サポート)

開発案件の必要性や妥当性を経営陣に説得する、社外のセミナー講師に招かれてプロジェクトの要諦を紹介する…。ITリーダーなら、自らプレゼンテーションする機会も少なくないはずだ。そんな方々に向けて、“プレゼンの心得”を説く本連載。各論に入る前に、まずはプレゼンテーションの本質的意味合いについて、今一度整理しておこう。

 「プレゼンテーション」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。「企業が見込み客を一堂に招き、演壇で行う“語り”」などは、その代表的なシーンかもしれない。“語り”の場の多くでは、プロジェクターを利用しスクリーンへの投影もされる。“語る”のは、マーケティング部門や営業部門のメンバー、事業責任者、そしてトップなど。これは、“代表的なプレゼンテーション”と言えるものだ。


図1 代表的なプレゼンテーション

 「自分はその立場ではないし、今後もそうした経験はしないだろう」と言う方がいるかもしれない。でも本当にあなたにとってプレゼンテーションは、無関係で必要のないものだろうか? ここであらためて「プレゼンテーションとは何か?」を考えてみよう。その定義をあれこれ議論するよりも、「何をプレゼンテーションと呼ぶか?」が重要で意味がある。それを共有し、話を進めていきたい。

 1963年8月28日、人種差別撤廃を叫ぶデモ「ワシントン大行進」において、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)は、リンカーン記念館の前で「I have a dream」として、今も語り継がれる名演説を行った。貴重な映像がYouTubeにアップされているので、以下に紹介する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】コミュニケーションの相手は“心”を持つ人間
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション一覧へ
関連記事

【第1回】プレゼンテーションとは何か?開発案件の必要性や妥当性を経営陣に説得する、社外のセミナー講師に招かれてプロジェクトの要諦を紹介する…。ITリーダーなら、自らプレゼンテーションする機会も少なくないはずだ。そんな方々に向けて、“プレゼンの心得”を説く本連載。各論に入る前に、まずはプレゼンテーションの本質的意味合いについて、今一度整理しておこう。

PAGE TOP