[“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション]

【第4回】21のポイント<企画・制作編>
その3~「スライドはシンプルに」

2014年6月5日(木)永井 一美(オレンジコミュニケーション・サポート)

今回は「企画・制作編」の最後となる【Point10】として、スライドの作り方についての注意点を解説する。ついつい過ちを犯しがちなところなので、じっくりと読み、理解を深めてほしい。

 前回は「企画・制作編」のPoint04から09まで(「事実だけではだめ」「3点ルールを使う」「コントラストを描く」「数字に語らせる」「メリハリを入れる」「語りを書く」)を解説した。

 そして、“このポイントをぜひ実践してほしい!”と強調したのが「語りを書く」。「語り(言葉)」は「聴き手の心を動かす『機能』」であり、「語りを考える」ことは、その「機能美」を追求すること。これはプレゼンテーションだけでなく、みなさんの日常のビジネスコミュニケーションにも良い影響をもたらすだろう。
 

「企画・制作編」(10のポイント)

 今回は「企画・制作編」の最終ポイント。「スライドはシンプルに」。


【Point 10】

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「文字を目に届ける」「スライドは1テーマに」
  • 1
  • 2
バックナンバー
“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション一覧へ
関連記事

【第4回】21のポイントその3~「スライドはシンプルに」今回は「企画・制作編」の最後となる【Point10】として、スライドの作り方についての注意点を解説する。ついつい過ちを犯しがちなところなので、じっくりと読み、理解を深めてほしい。

PAGE TOP