[失敗しないモダナイゼーション〜マイグレーションを成功させよ〜]

【第4回】リスクを軽減する移行性調査

2015年4月27日(月)松本 吉徳

モダナイゼーションを成功に導くためには、リスクを軽減しながら、かつコストを抑えたマイグレーションを実施しなければならない。それには考慮すべき8つのポイントが存在する。前回は、アプリケーション資産の棚卸しについて紹介した。今回は、8つのポイントの中で、リスク軽減に最も有効な「移行性調査」について考えてみる。

図1:「移行性調査」はリスク軽減に最も有効なステップ図1:「移行性調査」はリスク軽減に最も有効なステップ
拡大画像表示

 マイグレーションにおいて、現行のビジネスプロセスを再利用するためには、再利用できない部分(基本ソフトウェア(OS)やミドルウェアの変更に伴って生じる非互換機能)を正確に把握する必要がある。非互換機能を十分に把握できていなければ、最終的なテストにおいて予想外の結果を招くことになるためだ。

 この非互換機能を洗い出すためのプロセスが、移行性調査である(図1)。移行性調査は、マイグレーションのリスクを軽減するための重要なポイントになる。

非互換機能の調査対象は7つのカテゴリー

図2:移行性調査が対象にする7つのカテゴリー図2:移行性調査が対象にする7つのカテゴリー
拡大画像表示

 非互換機能の調査は、以下の7つのカテゴリーが対象になる(図2)。

調査カテゴリー1=開発言語

 開発言語については、その構文に焦点を絞って分析する。アプリケーションのソースコードは大量なため、「第2回:マイグレーションの開発方法論」でも指摘したように、まずは構文の同一性に着目し、同一構文をパターン化する。このパターンに対し、互換/非互換を判定する。JCL(Job Control Language:ジョブ制御言語)なども同じ手法で分析可能である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】トランザクション間のデータ連携も調査
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
失敗しないモダナイゼーション〜マイグレーションを成功させよ〜一覧へ
関連記事

【第4回】リスクを軽減する移行性調査モダナイゼーションを成功に導くためには、リスクを軽減しながら、かつコストを抑えたマイグレーションを実施しなければならない。それには考慮すべき8つのポイントが存在する。前回は、アプリケーション資産の棚卸しについて紹介した。今回は、8つのポイントの中で、リスク軽減に最も有効な「移行性調査」について考えてみる。

PAGE TOP