[クラウド分解辞典−Amazon Web Services編]

【第1回】AWSをより良く知るための基礎知識

2015年4月22日(水)佐々木 大輔(クラスメソッド AWS コンサルティング部 部長/札幌オフィスエリアマネージャ)

ミッションクリティカルな企業情報システムにまで利用さるようになったクラウドサービス。この時代を切り拓いてきたのが、米Amazon.comの「Amazon Web Services(AWS)」である。競合各社がAWSのサービス/料金を基準に、自社のサービス内容を決めている。クラウドの代名詞とも言えるAWSの全容に迫る。

 2015年現在、すべてのITシステムにおいて「クラウド」というキーワードは避けて通れない状況になっている。クラウドは当初、Webサービスやソーシャルゲームなどを中心に利用が始まった。それが今や、エンタープライズ分野でも基幹系から情報系まで、様々な局面で活用されている。世界的にサービスが展開されているパブリッククラウドは、事業のグローバル化を支えるサービスとして効率が高い選択肢になる。

 こうしたクラウドサービスにおいて、最有力候補に挙げられるのが「Amazon Web Services(AWS)」である。2006年7月に、たった2つのサービスでスタートした。その後、AWSは加速度的に拡張され、2015年4月時点では約40のサービスが提供されている。この間に、800以上の新サービス/新機能がリリースされた。

 2011年3月には、東京にデータセンターが開設された。データの保管場所が海外にあることを懸念する利用者層は多いだけに、東京データセンターの開設が、日本国内における利用事例を大きく伸ばした要因であることは間違いがない。

 一方で、サービスの種類が多く、かつ変化が早いために、AWSの全容を把握することが容易ではないのも事実である。本連載では、AWSの概要と特徴、各サービスについて、順を追って説明していく。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】インフラとソフト/プラットフォームに分けられる
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Amazon Web Services編一覧へ
関連記事

【第1回】AWSをより良く知るための基礎知識ミッションクリティカルな企業情報システムにまで利用さるようになったクラウドサービス。この時代を切り拓いてきたのが、米Amazon.comの「Amazon Web Services(AWS)」である。競合各社がAWSのサービス/料金を基準に、自社のサービス内容を決めている。クラウドの代名詞とも言えるAWSの全容に迫る。

PAGE TOP