[クラウド分解辞典−Amazon Web Services編]

【第8回】DevOpsによるアプリケーション開発への集中を可能に-AWS Elastic Beanstalk、OpsWorks、CodeDeploy、CloudFormation

2015年11月25日(水)佐々木 大輔(クラスメソッド AWS コンサルティング部 部長/札幌オフィスエリアマネージャ)

前回は、AWS(Amazon Web Services)がエンタープライズ向けのITアプリケーションサービスとして提供している仮想デスクトップサービスの「Amazon WorkSpaces」と、その周辺サービス「Amazon WorkDocs」「Amazn WorkMail」を紹介した。今回は、DevOps(開発と運用の融合)に向けて、インフラストラクチャーの構築とアプリケーションのデプロイを自動化するためのサービスである「AWS Elastic Beanstalk」と「AWS OpsWorks」「AWS CodeDeploy」「AWS CloudFormation」を紹介する。

 Amazon Web Services(AWS)の基本サービスはIaaS(Infrastructure as a Service)である。情報システムが必要とするコンピュータ資源や、ネットワークコンポーネント、データストレージといったインフラストラクチャーを中心にサービスを提供する。これらのリソースを必要なものだけを組み合わせることで、情報システムを簡単に、安く、早く構築できる。

 だが、多くの情報システムでは、必要なインフラストラクチャーの構成要素をある程度パターン化できる。Webシステムであればサーバー(EC2)とデータベース(RDS)、可用性を高めるのであればロードバランサー(ELB)と自動的にスケールするサーバー(AutoScaling)などだ。よく使われるインフラストラクチャー構成をパターンとして構築できれば、アプリケーション開発者はアプリケーションにのみ注力でき、インフラストラクチャーの構築に手を煩わせる必要がなくなる。

 また、サーバー数が増減するようなスケーラビリティが高い情報システムでは、複数台のサーバーそれぞれにアプリケーションをデプロイするのは、大きな手間がかかる。オペレーションミスによりアプリケーションが正常にデプロイされず、情報システムが停止するリスクも考慮しなければならない。リリース周期が早い情報システムでは、アプリケーションデプロイの運用負荷がとても高い。

 こうした課題に対しAWSは、インフラストラクチャーの構築とアプリケーションのデプロイを自動化するためのサービスを提供する。それが「AWS Elastic Beanstalk」と「AWS OpsWorks」「AWS CodeDeploy」「AWS CloudFormation」だ。それぞれのサービスが異なる特徴を持っている。以下、詳細を説明しよう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「Environment」という単位で環境を複数持てる
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
クラウド分解辞典−Amazon Web Services編一覧へ
関連記事

【第8回】DevOpsによるアプリケーション開発への集中を可能に-AWS Elastic Beanstalk、OpsWorks、CodeDeploy、CloudFormation前回は、AWS(Amazon Web Services)がエンタープライズ向けのITアプリケーションサービスとして提供している仮想デスクトップサービスの「Amazon WorkSpaces」と、その周辺サービス「Amazon WorkDocs」「Amazn WorkMail」を紹介した。今回は、DevOps(開発と運用の融合)に向けて、インフラストラクチャーの構築とアプリケーションのデプロイを自動化するためのサービスである「AWS Elastic Beanstalk」と「AWS OpsWorks」「AWS CodeDeploy」「AWS CloudFormation」を紹介する。

PAGE TOP