[ビッグデータが変える課金システムの姿]

【第1回】課金システムの現状と課題

2015年6月26日(金)Andrew Tan(独Enterest CEO)

世の中は、サービス化の流れを加速しています。「もの」単体による差異化が難しくなり、サービスを含めた付加価値競争が激しくなっているためです。そこでは、課金の仕組みが重要になってきます。当初からサービスを提供していたテレコム業界や、電気・ガス・水道といったユーティリティ業界では、課金システムの構築・運用では先行しています。これからの課金システムを考えるに当たり、テレコム業界の課金システムがどのように発展し、どんな課題を抱えているのかを考えてみます。

 本題に入る前に、私がテレコム業界に関与してからの20年強の時間を振り返ってみます。それは、あっという間の出来事でした。インターネットがなく、従ってメールもなく、独占的な事業者しか存在しませんでした。携帯電話も、それを持つ余裕がある人たちに向けた、質の悪いサービスでした。

 それが今では、通信サービスプロバイダー(Communication Service Provider)が、固定電話から携帯電話、インターネット通信、映像配信まで、統合的なサービスを提供しています。インターネットやモバイルのサービスエリアも拡大し、人里離れたところでも通信が可能です。昔とは逆に、ネットがつながらないことが“贅沢”にもなっています。

 猛スピードで進む市場の革新によって、我々は私生活とビジネスの双方において、様々な方法でリアルタイムなつながりを持つようになっています。今や誰とでもつながることができます。

 そして次なる段階は、すべてのモノとの接続、すなわちIoT(Internet of Things:)モノのインターネット)時代の到来です。既に、私が使っている体重計はWi-Fiを通じてWebにつながり、ダイエットが進まない体重計の数字を私が見つめている間にも、あらゆるデータを収集しリアルタイムで最新状況を更新しています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】場当たり的な対応が課金システムをますます複雑に
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ビッグデータが変える課金システムの姿一覧へ
関連記事

【第1回】課金システムの現状と課題世の中は、サービス化の流れを加速しています。「もの」単体による差異化が難しくなり、サービスを含めた付加価値競争が激しくなっているためです。そこでは、課金の仕組みが重要になってきます。当初からサービスを提供していたテレコム業界や、電気・ガス・水道といったユーティリティ業界では、課金システムの構築・運用では先行しています。これからの課金システムを考えるに当たり、テレコム業界の課金システムがどのように発展し、どんな課題を抱えているのかを考えてみます。

PAGE TOP