[ビッグデータが変える課金システムの姿]

【最終回】立ち上がるクラウド課金サービスは使えるのか

2016年1月15日(金)Andrew Tan(独Enterest CEO)

これまで、伝統的な課金システムの様々な面について説明してきました。技術の進歩やビッグデータ、ソーシャルメディアの台頭が課金システムに対し、どんな新たな要求やアーキテクチュアーを求めているかにも触れました。最終回は、ここ数年の新しい動きであるクラウド課金サービスについて見てみましょう。

 課金の仕組みをクラウドサービスとして提供するプロバイダーは大きく2分されます。1つは、カナダのCGIやRedknee、米MetraTechといった既存の課金システムベンダーで、クラウド化により顧客拡大を狙っています。他方は、米Ariaや米Zuoraといった小規模の新興ベンダーで、新しいアプローチによって市場に踏み込もうとしています。

 いくつかのプロバイダーは、数千から数十万の加入者に限定的なサービスを提供しています。中には、何百万もの加入者をサポートする巨大企業にサービスを提供するプロバイダーもいます。

 通信事業者にとって、課金システムが市場ニーズに迅速に対応できるかどうかは重要なポイントです。特に、新規サービスの立ち上げ時に、インフラや製品の導入作業が不要で迅速にサービスを提供できるクラウド課金サービスは、その点で大きな魅力があります。

 しかしながら、通信事業者のクラウドサービスの採用率は極めてゆっくりとした伸びしか示していません。なぜでしょうか。その理由を考えるために、クラウド課金サービスのメリットとデメリットを見ていきましょう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】オンプレミスと比べ多くの費用が掛かる可能性も
  • 1
  • 2
バックナンバー
ビッグデータが変える課金システムの姿一覧へ
関連記事

Special

-PR-

【最終回】立ち上がるクラウド課金サービスは使えるのかこれまで、伝統的な課金システムの様々な面について説明してきました。技術の進歩やビッグデータ、ソーシャルメディアの台頭が課金システムに対し、どんな新たな要求やアーキテクチュアーを求めているかにも触れました。最終回は、ここ数年の新しい動きであるクラウド課金サービスについて見てみましょう。

PAGE TOP