CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ハイブリッドクラウド時代必修ITインフラの基礎知識]

【第1回】ビジネスが求める“アジャイル”に合わせITインフラは変革を遂げた

2015年7月7日(火)本橋 信也(クラウディアン取締役COO)

今日、私たちが活用するアプリケーションやITサービスのすべてが、インターネットや社内ネットワークへの接続を前提に作られています。さらに今後は、ビッグデータ活用やIoT(Internet of Things:モノのインターネット)への取り組みが、特別なことではなくなってくるでしょう。そこでは、米Amazon.comや米Googleに代表されるように、クラウドコンピューティングを前提にしたITインフラ(IT Infrastructure)の構築が求められてきます。なぜ、既存のITインフラでは次のステージへと進めないのでしょうか。

 最初にITインフラ(IT Infrastructure)の歴史を少し振り返ってみましょう。

 企業におけるコンピューター利用が始まってから1980年代までは、メインフレームを中心とした集中処理の時代でした。90年代に入り、ITインフラはクライアント/サーバーの時代を迎えます。ただ、ソフトウェアやツール、アプリケーションなどは、サーバーやストレージなどのハードウェアベンダーごとに用意され、採用したハードウェアベンダー単位にシステムがサイロ化する例が一般的でした。

仮想化がITインフラの姿を変えていった

図1:仮想サーバーのイメージ図1:仮想サーバーのイメージ
拡大画像表示

 2000年の後半になると、サーバーの仮想化が始まります。物理サーバー上にハイパーバイザーが構築した仮想的なサーバー(VM:Virtual Machine)を利用するようになったのです(図1)。物理サーバーとしては、米Intel製プロセサの「x86」アーキテクチャーを採用した機種が多用され、これが現在に続くITインフラの主役になっています。

 仮想化により、物理サーバー単位のサイロ化からは逃れたものの、仮想サーバー単位のサイロ化が起こっています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ITサービスの本質を変えたクラウド
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ハイブリッドクラウド時代必修ITインフラの基礎知識一覧へ
関連記事

Special

-PR-

【第1回】ビジネスが求める“アジャイル”に合わせITインフラは変革を遂げた今日、私たちが活用するアプリケーションやITサービスのすべてが、インターネットや社内ネットワークへの接続を前提に作られています。さらに今後は、ビッグデータ活用やIoT(Internet of Things:モノのインターネット)への取り組みが、特別なことではなくなってくるでしょう。そこでは、米Amazon.comや米Googleに代表されるように、クラウドコンピューティングを前提にしたITインフラ(IT Infrastructure)の構築が求められてきます。なぜ、既存のITインフラでは次のステージへと進めないのでしょうか。

PAGE TOP