[クラウド分解辞典−Amazon Web Services編]

【第4回】ストレージサービスはデータタイプに応じて使い分ける−Amazon S3、Glacier、Storage Gateway、Elastic File System

2015年7月22日(水)佐々木 大輔(クラスメソッド AWS コンサルティング部 部長/札幌オフィスエリアマネージャ)

第3回では、AWS(Amazon Web Services)でシステムを構成する際の基本的なコンポーネントである、仮想サーバーサービスの「Amazon EC2」と、仮想ロードバランサーの「Elastic Load Balancing」を紹介した。今回は、EC2と連携して利用できる、各種データストレージサービスを紹介する。

 近年、情報システムが取り扱うデータ量は加速度的に増加しており、それに応じてサーバーの台数も増加傾向にある。かつての情報システムでは1台のサーバーが複数の役割をこなしていたが、今ではシステムの機能やアプリケーションソフトウェアごとにサーバーが立てられるのが一般的だ。

 しかし、システム間のデータ連携やコンテンツ管理など、複数のサーバーで同一のデータにアクセスしたいケースが多々ある。バックアップやBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対策としてのデータアーカイブなど、サーバーに接続されたストレージだけでは満たせない要件も少なくない。

 これらの理由から、固有のサーバーに依存せず複数のサーバーから利用可能なデータストレージが必要になる。AWS(Amazon Web Services)では、ユースケースに応じて利用可能な、種々のデータストレージサービスを提供している。

 具体的には、Webベースのデータストレージサービスである「Amazon S3」、低コストでデータアーカイブに適した「Amazon Glacier」、オンプレミス環境のサーバーやEC2からAmazon S3やAmazon Glacierをシームレスに接続する「AWS Storage Gateway」、そして最新サービスの「Amazon Elastic File System」である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】データの重要性に応じてセキュリティを設定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
クラウド分解辞典−Amazon Web Services編一覧へ
関連記事

【第4回】ストレージサービスはデータタイプに応じて使い分ける−Amazon S3、Glacier、Storage Gateway、Elastic File System第3回では、AWS(Amazon Web Services)でシステムを構成する際の基本的なコンポーネントである、仮想サーバーサービスの「Amazon EC2」と、仮想ロードバランサーの「Elastic Load Balancing」を紹介した。今回は、EC2と連携して利用できる、各種データストレージサービスを紹介する。

PAGE TOP