[クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像]

Cloud Foundryのアーキテクチャー〜内部見学ツアーへの招待~【第1回】

2015年8月25日(火)萱間 真人(伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)クラウドイノベーションセンター主任)

「Cloud Foundry」はPaaS(Platform as a Service)を構築できるOSS(Open Source Software)として最も著名なソフトウェア群です。Cloud Foundryは複雑なプラットフォームではありますが、それは理由のある複雑さです。本連載では、Cloud Foundryが持つ複雑さの意味と価値を、そのアーキテクチャーを解説することでお伝えしていきます。第1回は、オンプレミスのシステムと比較しながら、Cloud Foundryの全体像をつかむための“内部見学ツアー”に出掛けましょう。

 Cloud Foundryは、アプリケーションを効率的・継続的に動作させるためのPaaS(Platform as a Service)として、様々な“仕掛け”を提供します。それらの仕掛けが、プラットフォームの利用者には単純さを提供し、機能要件の策定・実現、すなわちアプリケーションソフトウェアへの集中を可能にします。一方でプラットフォームが非機能要件を一手に引き受けることになり、そこに複雑さが生まれます。

 本連載では、利用者のアプリケーション集中を実現するために複雑さを内包しているCloud Foundryについて、以下を解説します。なお、Cloud Foundryは常に進化しています。最新版は現在、開発が進行している「Cloud Foundry v3」ですが、本連載では2015年7月時点で安定して利用されている「Cloud Foundry v2」を対象にします。

●Cloud Foundryのアーキテクチャー
●Cloud Foundryを構成するコンポーネントの役割

 ただし、以下は解説しません。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ビジネススピードを高める可能性が注目集める
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バックナンバー
クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像一覧へ
関連記事

Cloud Foundryのアーキテクチャー〜内部見学ツアーへの招待~【第1回】「Cloud Foundry」はPaaS(Platform as a Service)を構築できるOSS(Open Source Software)として最も著名なソフトウェア群です。Cloud Foundryは複雑なプラットフォームではありますが、それは理由のある複雑さです。本連載では、Cloud Foundryが持つ複雑さの意味と価値を、そのアーキテクチャーを解説することでお伝えしていきます。第1回は、オンプレミスのシステムと比較しながら、Cloud Foundryの全体像をつかむための“内部見学ツアー”に出掛けましょう。

PAGE TOP