[クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像]

サービスの概念を取り込みWebアプリケーションを拡張する【第4回】

2015年11月24日(火)萱間 真人(伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)クラウドイノベーションセンター主任)

第3回の「Cloud Foundry」見学ツアーでは、コンポーネント間の結合を疎にする「NATS」と、アプリケーションの状態を監視する「Health Manager」を紹介しつつ、Cloud Foundryのスケールアウトの仕組みと死活監視について説明しました。第4回では、Cloud Foundry上で動作するアプリケーションにさまざまな付加機能を提供する「Service Broker」の動きを見学していきます。

 早速、アプリケーションにさまざまな付加機能を提供する「Service Broker」を見学したいところですが、ひとまず外でも散歩しましょう。

どんなデータも再起動後や再配備後は引き継げない

 これまでの見学ツアーでは、Cloud Foundryへのアプリケーションの配備やアプリケーションのスケールアウトについて見てきました。もう、読者のみなさんはCloud Foundryの内部の動きをイメージしながら、アプリケーションを配備したりスケールアウトさせたりができるようになったはずです。ところで、ここで 1つ、みなさんと一緒にアプリケーションのアーキテクチャーについて考えてみたいと思います。

 題材として、ブログのためのアプリケーションを作成しましょう。典型的なブログの仕組みである、記事を投稿し、記事の一覧を日付の降順で並べ、記事の詳細を確認できるといったアプリケーションを考えてみます。人気のブログになる予定ですから、負荷分散の機能も必要ですね。

 読者の頭の中には既に、アプリケーションのアーキテクチャーが描かれていることでしょう。ブログを閲覧したい人のHTTPリクエストが、ロードバランサーを通り、ルーターを通り、DEA上のWarden内で動作するブログアプリケーションに到達します。ブログアプリケーションは記事の一覧や記事の詳細画面を HTMLで作成し返却します。負荷分散の機能はCloud Foundryが提供してくれますから、こちらで考慮する必要はありません。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Service Brokerの仕様はシンプル
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像一覧へ
関連記事

サービスの概念を取り込みWebアプリケーションを拡張する【第4回】第3回の「Cloud Foundry」見学ツアーでは、コンポーネント間の結合を疎にする「NATS」と、アプリケーションの状態を監視する「Health Manager」を紹介しつつ、Cloud Foundryのスケールアウトの仕組みと死活監視について説明しました。第4回では、Cloud Foundry上で動作するアプリケーションにさまざまな付加機能を提供する「Service Broker」の動きを見学していきます。

PAGE TOP