[クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像]

Cloud Foundryを配備・監視するBOSH【第6回】

2016年1月26日(火)萱間 真人(伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)クラウドイノベーションセンター主任)

第5回の「Cloud Foundry」見学ツアーでは、Cloud Foundry上で動作するアプリケーションのログや、Cloud Foundryコンポーネントのメトリクスを収集する「Loggregator」についてお伝えしました。最終回となる第6回では、Cloud Foundryそのものを配備し、継続的に監視するためのソフトウェアである「BOSH」を見学していきます。

 今回の見学ツアーの対象である「BOSH」は、Cloud Foundry自身を配備し、継続的に監視するためのソフトウェアです。まずは、「配備するソフトウェア」としての側面を見学してから、次に「監視するソフトウェア」としての側面を見ていきましょう。

 ここが今回の見学ツアーのスタート地点です。「何もない空き地じゃないか」ですかですか?そうですね、ここには何もありません。今回のツアーでは、この場所にCloud Foundryができあがるまでをみなさんと一緒に見ていこうと思います。まずは、ここから少し遠くに見える、あの大きな建物の中に入ってみましょう。

Cloud Foundryを配備するBOSHの司令塔はDirector

 Cloud Foundryはたくさんのコンポーネントが連携した複雑なアーキテクチャーを持っています。そのことは、これまでの見学ツアーで、みなさんもご理解されていることでしょう。

 その複雑なCloud Foundryを配備するために、コンポーネントを1つひとつインストールしていくのでは効率が悪く、誤りも増えてしまいます。そこで必要になるのが、Cloud Foundryを配備するためのソフトウェアです。それが、今、みなさんが入ってきた建物、BOSHです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】BOSH自身は、どのIaaSで動かすのかを知らない
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像一覧へ
関連記事

Cloud Foundryを配備・監視するBOSH【第6回】第5回の「Cloud Foundry」見学ツアーでは、Cloud Foundry上で動作するアプリケーションのログや、Cloud Foundryコンポーネントのメトリクスを収集する「Loggregator」についてお伝えしました。最終回となる第6回では、Cloud Foundryそのものを配備し、継続的に監視するためのソフトウェアである「BOSH」を見学していきます。

PAGE TOP