アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[Tips2.0]

Google Groupでファイルを共有する

2007年8月22日(水)

社外の人などとちょっとしたファイルのやりとりをしたいとき、メールで送るという方法もあるが、数メガ程度になると、問題が起こる場合がある。また、場合によっては、外出先で、あまり高速でない回線を使ってメールを読む場合など、大きな添付ファイルはかなり迷惑に感じるものだ。 こうしたときに、インターネット上でファイルを共有できると便利なのだが、そのためには、Google Groupが利用できる。

Googleのサービスでは、データの共有や公開が可能なものがいくつかあるが、Google Groupは、ファイル内容を問わないというメリットがある。

ただし、通常のGoogleのサービスと同様に、自分や相手もGMailのアカウント(Googleのアカウント)を持っている必要がある。

Google Groupでグループを作成

Webブラウザで、Google Groupのページを開こう(図1)。ページ右に「グループを作成」というボタンがあるので、これをクリックする。なお、Googleアカウントにログインしていなければ、自動的にログイン画面が出るのでログインを行っておく。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Tips2.0一覧へ
関連記事

Google Groupでファイルを共有する社外の人などとちょっとしたファイルのやりとりをしたいとき、メールで送るという方法もあるが、数メガ程度になると、問題が起こる場合がある。また、場合によっては、外出先で、あまり高速でない回線を使ってメールを読む場合など、大きな添付ファイルはかなり迷惑に感じるものだ。 こうしたときに、インターネット上でファイルを共有できると便利なのだが、そのためには、Google Groupが利用できる。

PAGE TOP