[ユーザー会通信]

第5回 東芝ITユーザ会(TUG)【東芝ソリューション】

2009年2月27日(金)

課題の解決、異業種交流、人材育成の3つを軸に 会員企業に真に役立つ活動を目指す 今回紹介するのは「東芝ITユーザ会(TUG)」。TUGの前身は、東芝のTOSBAC(同社の汎用機)のユーザーが集まり、会員相互の情報交換、スキルアップ、親睦交流を目的に1965年に発足した「TOSBAC研究会」。90年にはオープン化の流れとともに「東芝コンピュータユーザ会」へと名称変更し、さらに2003年に東芝e-ソリューション社(東芝のITソリューション部門)が東芝ソリューションとして分社化したのに伴い、現在の名称「TUG」へと名称変更した。

現在の会員数は約600社。活動の軸となるのは本部を含む全国10の地区TUGだ。それらを中心に、発足時と同様、課題の解決、異業種交流、人材育成の3つのテーマを掲げて年間のべ150回におよぶ活動を展開している。

TUGの特徴は、活動そのものに企業色、製品色がほとんどないところだ。「真に会員企業に役立つユーザ会」というスローガンを掲げているように、自社の製品やサービスにこだわることなく、会員に役立つ活動を展開することがテーマとなっている。

例えば全国TUGの活動の1つであるシステム研究会では6つの分科会を形成しているが、各分科会で取り上げるテーマはすべて旬なITの話題を基にしたものになっている。2008年度のテーマは「システムにおける品質リスク研究分科会」「セキュリティ対策の可視化研究分科会」「After J-SOX研究分科会」「Web活用研究分科会」など。なかでも同会のユニークさを表しているのが「システム開発の実践にチャレンジする分科会」。ここでは実際に要件定義からテスト工程まで、システム開発のすべてが経験できるようになっており、若手技術者の人材育成にも役立っているという。また、システム研究会の各分科会には東芝ソリューションのIT技術研究所のメンバーが参加し、参考となるアドバイスも行っている。

各地区TUGで開催されるセミナーは、「IT部門以外の人にも参加してもらいたい」というTUGのもう1つの特徴がよく表れた内容となっている。セミナーの内容はITに関するものではなく、プレゼンテーション技法などのヒューマンスキル系や、メンタルヘルス系のものが中心。中でも評判が高いのがメンタルヘルス系のセミナーだ。現場の声を直接聞いている東芝の保健師が講師となり、身近な例を元に予防という観点を含んだ内容となっている。また関東TUGでは女性講座も毎年1回開催。女性だけを参加対象とし、運営も女性のみで構成。今まで出席しづらかった女性の参加を促している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

第5回 東芝ITユーザ会(TUG)【東芝ソリューション】課題の解決、異業種交流、人材育成の3つを軸に 会員企業に真に役立つ活動を目指す 今回紹介するのは「東芝ITユーザ会(TUG)」。TUGの前身は、東芝のTOSBAC(同社の汎用機)のユーザーが集まり、会員相互の情報交換、スキルアップ、親睦交流を目的に1965年に発足した「TOSBAC研究会」。90年にはオープン化の流れとともに「東芝コンピュータユーザ会」へと名称変更し、さらに2003年に東芝e-ソリューション社(東芝のITソリューション部門)が東芝ソリューションとして分社化したのに伴い、現在の名称「TUG」へと名称変更した。

PAGE TOP