[ユーザー会通信]

Teradata User Group Japan(TUG-J)日本テラデータ 第19回

2010年7月27日(火)IT Leaders編集部

データウェアハウスの活用ノウハウを、事例を基に活発に研究 海外との連携も強化 IT製品/サービスには、目的や役割、使い方がある程度決まっているものが多いが、その逆に、導入した後でどのように活用するかが重要なファクターとなるものも多い。データウェアハウスはその典型例で、活用の仕方によって企業のビジネスにとって重要なシステムにもなれば、無用の長物にもなりうる。

そうした意味でも、データウェアハウスの活用情報や事例を共有する日本テラデータのユーザー会「Teradata User Group Japan」(以下、TUG-J)が150社440人という、かなり多くの参加企業を集めていることは、それだけ多くのユーザーが活用ノウハウを求めているということに他ならない。

TUG-Jの前身は日本NCRの「超並列部会」。2001年6月にテラデータのユーザー会組織となり、2003年、現在の名称に改称された。

テラデータのデータウェアハウス製品・サービス(以下、Teradata)のユーザー企業が対象で、参加費は無料だ。エグゼクティブ、IT部門の代表、ユーザー部門の代表という1社3人での参加を推奨している。

活動は総会、セミナーや分科会などが中心だが、TUG-Jがもっとも力を入れているのは昨年から始まった分科会活動だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連キーワード

NCR

関連記事

Teradata User Group Japan(TUG-J)日本テラデータ 第19回データウェアハウスの活用ノウハウを、事例を基に活発に研究 海外との連携も強化 IT製品/サービスには、目的や役割、使い方がある程度決まっているものが多いが、その逆に、導入した後でどのように活用するかが重要なファクターとなるものも多い。データウェアハウスはその典型例で、活用の仕方によって企業のビジネスにとって重要なシステムにもなれば、無用の長物にもなりうる。

PAGE TOP