[要求仕様の美学]

要求仕様作成における最大のコツ――機能の2割をカットする(第14回)

2009年11月2日(月)

1990年代なかばから、企業の経営環境が大きく変化している。きっかけになったのは、インターネットの普及である。 インターネットが出現する以前、市場の変化は現在よりはるかに緩やかだった。企業は、市場の変化を見てから組織を変更し、対応するだけの余裕があった。この時期、ITはあくまでも組織を支援するための道具にすぎなかった。

しかし、インターネットの普及がビジネスのスピードを劇的に速めた。

近年、新製品が発売されるやいなや、その品質や使い勝手について口コミ情報がインターネット上に溢れるようになった。消費者は、インターネットを通じて製品を比較し選択する。消費者の本能である比較して選択する行為が、瞬時に行われるのである。このような市場に対して、従来のように組織変更で対応しようとしても間に合わない。組織とは人間の集合であり、人間の動作は遅いからだ。

このため、変化の激しい市場に対しては組織ではなくITで対応するようになった(図1)。その代表例がBtoCであり、BtoBである。近年は、さらに進化してオークションサイトのようなCtoBtoCのビジネスモデルも出現した。

変化の速い市場に対して、従来の組織では対応しきれない。
図1 変化の速い市場に対して、従来の組織では対応しきれない。そのギャップを埋めるため、従来は組織を支援する役割だったITが市場と直接接するようになりつつある

このようにITが市場とじかに接するようになれば、システムに対する要求は厳しくなる。当然ながら、要求仕様の作成にはこれまで以上の精度が求められる。万が一、要求仕様をしっかり詰め切れないとその後の開発が予定通り進まず、システムの稼働が遅れるからだ。システムの稼働が遅れればそれだけ市場への対応も遅れ、企業全体の収益に影響を及ぼしかねない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
要求仕様の美学一覧へ
関連記事

要求仕様作成における最大のコツ――機能の2割をカットする(第14回)1990年代なかばから、企業の経営環境が大きく変化している。きっかけになったのは、インターネットの普及である。 インターネットが出現する以前、市場の変化は現在よりはるかに緩やかだった。企業は、市場の変化を見てから組織を変更し、対応するだけの余裕があった。この時期、ITはあくまでも組織を支援するための道具にすぎなかった。

PAGE TOP