[ユーザー会通信]

POWER EGG ユーザ会(PEACS)【ディサークル】第14回

2009年12月25日(金)

ユーザー、パートナー、ベンダーの「輪」で活発に活動を展開 260件に及ぶ改善要望など設立1年あまりで早くも成果を上げる ユーザー企業が製品についての情報を共有したり意見や要望を出し合い、ベンダーがその要望を次の製品やサービスに反映する─。多くのユーザー会はこうしたユーザーとベンダーとの直接の繋がりを重視して設立され、活動を展開している。

ディサークルの「POWER EGG ユーザ会(以下、PEACS)」も、ユーザーの意見を直接吸い上げたいという現場の声が設立のきっかけとなったが、他のユーザー会とはちょっと趣を異にする。PEACSではユーザー企業だけでなく、販売やサポートを行うパートナー企業も積極的に活動に加わる。社名の「サークル」が示すとおり、ユーザー、パートナー、ベンダーの3者からなる「輪」によって、活動をさらに意義深いものにしていこうという趣旨でPEACSは設立された。ユーザー企業は正会員として、パートナー企業は賛助会員として、ディサークルが特別賛助会員として、各種活動に参加する。

ディサークルの「POWER EGG」はワークフロー作成、ファイル管理やSFA機能などを持つグループウェア製品。「気づき」を重視する工夫を盛り込んでいるのが特徴で、「NaviView」と呼ばれるポータル画面に部門や役職に応じた情報がプッシュ配信される。導入企業は1000社を超え、70以上の自治体でも使われている。

活動の中心は分科会活動だ。製品要望分科会はPOWER EGGの機能や操作などに関する要望のとりまとめや、技術的課題解決のための情報交換を行う。2008年度は260件に及ぶ改善要望や機能追加を製品要望書としてディサークルに提出。ディサークルは、それら要望の一部を製品のバージョンアップの際に反映させたという。運用定着分科会は、実際にPOWER EGGが使われている企業の事例をもとに、運用にあたっての情報交換や課題解決のための議論を行う。さらに今後は運用面での課題を会員から集め、具体的な解決策を提示していく。2008年6月の設立からまだ間もないが、早くも分科会活動の成果が現れ始めている。

総会は年1回行われ、2009年6月に開催された第2回総会では、ユーザー企業、パートナー企業、さらに入会検討企業も含めて48社、100名以上が出席。活動報告のほか、特別講演、ビジネスマッチングのための懇親会なども行われた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

POWER EGG ユーザ会(PEACS)【ディサークル】第14回ユーザー、パートナー、ベンダーの「輪」で活発に活動を展開 260件に及ぶ改善要望など設立1年あまりで早くも成果を上げる ユーザー企業が製品についての情報を共有したり意見や要望を出し合い、ベンダーがその要望を次の製品やサービスに反映する─。多くのユーザー会はこうしたユーザーとベンダーとの直接の繋がりを重視して設立され、活動を展開している。

PAGE TOP